2005年06月04日

ホシミスジ

20050604f1519277.jpg050531h.jpg 曇り時々晴れ後雷雨。早朝の天気予報を見ると午後から嵐の天気らしい。風もありそうなので、今日は遠征は見送り、京都市内の自宅近くでホシミスジを狙ってみることに。
 実は幼い頃から記憶に残っている好みの蝶なのである。小学校低学年の頃、当時住んでいた兵庫県の自宅の庭の一角で待っていると必ずこの蝶が現れ、他のミスジ類とは違って翅裏の「星」がとても格調高く感じられた。後になって庭の一角には食草のコデマリの植栽があることを知ったのであった。
 で、今日は個体変異を見ていただけるように2枚貼っておきましょう。
左:京都府市街地のホシミスジ(2005-06-04撮影)
右:奈良県山間部のホシミスジ(2005-05-31撮影)
 今度はもっと白い個体が撮りたくなったなぁ。
posted by kenken(管理人) at 15:57| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フライングしました。コチラに投稿すべきでしたね。
二枚のホシミスジ。
ウチの近所はやはり奈良型(?)かなぁー。
外縁斑紋が微妙に乱れているところなどそのものです。

今年のMelitaeaは、温故知新で播但国境のウスイロを探ってみようかと考えてます。
Posted by 深山葵 at 2005年06月04日 20:01
深山葵さん
 いえいえ、フライングではありませんよ〜
 今日はオフの予定でしたが、貴殿のコメントを拝見し、やっぱりホシミスジの撮影に出かけました。 明日は某地で、もっと白いやつを狙ってみようかな。

 播但国境のウスイロ、見つかるといいなぁ。
 見つけたらこっそり教えて下さいね。でも、環境を残せる手だてが見つからないと指をくわえて見ているだけで、かえって悲しいのかな。
Posted by kenken(管理人) at 2005年06月04日 20:18
こんばんは。
ホシミスジの個体変異よくわかりました。
奈良のは外縁の紋が薄いですね・・
教えて欲しいのですが・・
クロヒカゲが地層の見えるところに
いつも決まって何頭もいるのは何故なんですか〜。
それに日もあたりますし〜
とても不思議に思うのですが・・。

それと、写真展にご協力ありがとうございます。
よろしくおねがいします。
Posted by ほおじろ at 2005年06月04日 21:39
ほおさん
 こんばんは。
>クロヒカゲが地層の見えるところに・・・
 推測ですが、1:翅裏と同じ色のところに保護色として静止する傾向がある。2:地層の見えるところからイオン分を含んだ地下水が染み出ている。なんてことが考えられませんか? 不思議なことはとことん事実を観察してみましょう。何事も具体的事実を観察することが第1です。
 写真展、お手伝いできそうなことがあればご連絡下さい。
Posted by kenken(管理人) at 2005年06月04日 22:14
ちょうけん現役の鈴木です。
初めて書き込ませていただきます。
僕もこの蝶が好きで、実家の横浜にいた頃は信州あたりまで行かないと見られない「山の蝶」のイメージが強かったのですが、
京都に来てからは市街地近くや低海抜でも見られてびっくりしました。
僕もいつかこんな素晴らしい写真を撮ってみたいです。
Posted by すずき at 2005年06月05日 17:42
京都のホシミスジは白点が多くてみやびな感じがしますね。
関東の平野部ではまず見られない蝶ですが、昨日ヒメヒカゲを撮りに行った播磨のポイントでは一番個体数が多かったです。
京都タイプは見ませんでした。
Posted by furu at 2005年06月05日 18:30
すずき君、まいど!です。
 そう、ホシミスジ、京都市内はごく最近に普通に見られるようになりました。全国的にコデマリ、ユキヤナギの植栽の影響で増えているようですね。紀伊半島や四国の山間部のイワガサ・シモツケ喰いの黒っぽい年1化の個体群が本来の日本固有のもの?植栽喰いの白っぽい多化性の個体群は、植栽と一緒に中国大陸方面から渡ってきたもの?なんて考えたりしますね。貴殿の下宿の近所も飛んでるでしょ。我が家の駐車場の植栽にも産卵に来ています。
 またいつでも書き込んでね〜
Posted by kenken(管理人) at 2005年06月05日 21:24
furuさん
 コメント有り難うございます。
 貴ブログもいつも拝見していますよ〜
 すんばらしい活躍ぶりですねぇ。いつまで関西におられるのかな?こちらで撮影に行かれる時は、一声かけていただければご一緒できるかも。
 私も今日、播磨にヒメヒカゲ撮りに行って、ついでに播磨のホシミスジも撮ってきました。
Posted by kenken(管理人) at 2005年06月05日 21:27
昔は京都にはいなかったですよね、ホシミスジ。
中学生の時、夏休みに家族旅行で行った信州で採集できて嬉しかった事が懐かしく思い出されます。
なんせ、京都にはいない蝶でしたから・・・

Posted by pekeyama at 2005年06月09日 23:17
pekeyamaさん
 そう、昔は京都にはいなかったですよ〜
 でも、兵庫県には昔からいてました。中学生の頃、pekeyamaさんの現在のお住まいの近くになると思いますが、阪急電車の門戸厄神駅から徒歩すぐの岡田山にホシミスジとコムラサキのポイントがあって、よく通っていました。あぁ懐かしい。
Posted by kenken(管理人) at 2005年06月09日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。