2005年04月24日

終見記録の更新


200504248cd18391.jpg快晴。昨夜は遅くまで灯火撮影をしていたので、今日は良く寝て、遠出はやめて、京都市左京区内のマイフィールドへのんびりと出かけることに。気温は既に上がっていてナミアゲハが元気良く飛翔しながら出迎えてくれた。コツバメは相変わらず活発だ。ようやくお気に入りの写真を撮ることができた。ルリシジミが追飛行動をしている。久しぶりにテングチョウを見る。ミヤマセセリがやってきてミツバツツジで吸蜜、やがてアセビに移動してじっくりと吸蜜。アセビの方がお好みのようだ。スジグロシロチョウも活発に飛翔。ミツバツツジに吸蜜に訪れたのはナミアゲハかと思いきやギフチョウではないか!マイフィールドでの終見記録を更新。結構新鮮な♀であった。たくさんの子孫を残してくれよ。来シーズンも会いにくるからね。ギフチョウを見送った樹上にはミヤマカラスアゲハが滑空していた。
posted by kenken(管理人) at 17:00| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kenkenさん、こんばんわ。マイフィールドとされるポイントの標高は何mなのでしょうか?
こちら、4/23に但馬に出向き、遅ればせながらギフ撮影ができました。サイトには吸蜜と飛翔をアップしておきました。撮影地での季節の進行は昨年より10日以上遅い感じですが、新鮮なギフの数が少なく、意外でした。とにかく、私もようやく蝶屋としての春を迎えることができました。
Posted by FANSEAB at 2005年04月24日 23:05
FANSEABさん<但馬に山ごもりしておられたのですね。そう、今年はほんとにギフの発生が遅いですね。いつもなら滋賀県の朽木村へ撮影に出る頃なのですが、やや早いかと思って近場のフィールドに行ったらまだ結構新鮮なギフが飛んでいて驚きでした。標高は、すんません高度計を持参していないので良く分かりませんが、昨年比で言うと10日遅れといった感じです。
Posted by kenken(管理人) at 2005年04月24日 23:32
こんにちは
「マイフィールド」でギフの写真とはうらやましいですね。私の方は有名な場所で、とてもマイフィールドとは呼べないので、マイポイントを探しています。
お気に入りのコツバメの写真、是非見せて下さい。
Posted by ダンダラ at 2005年04月27日 19:39
京都では、24日となるともう終見日なのですか。以前は絶対会ってみたい産地と思っていたものですが、そのままになっています。いつか訪ねさせてください。
「マイフィールド」をお持ちとは本当にうらやましいことです。
Posted by たにつち at 2005年04月27日 22:23
ダンダラさん<こんにちは。マイフィールドにも僅かながらギフが棲息しています。毎年、減少傾向ですが、年ごとの観察記録を残すべく、こまめに通っています。コツバメの写真は次の「表紙の蝶」にUPしますね。

たにつちさん<こんにちは。ご訪問、有り難うございます。今年の京都市のギフはかなり遅めの発生でした。滋賀県の奥地などは雪の影響でこれから発生するところもあるようですね。関西方面へお越しの際は是非ご一報下さいね。
Posted by kenken(管理人) at 2005年04月28日 07:08
「表紙の蝶」のコツバメ拝見しました。
本当にコツバメを自然光で撮るのは苦労しますね。
アセビがあんなにたくさんなのに、綺麗に撮れていて素晴らしいです。
Posted by BANYAN at 2005年04月28日 18:30
そうだっしゃろ。今年はホンマに遅おすえー。
滋賀県マイフィールドも26日に行ったら、まだ交尾してまんがな!

ミヤコアオイは丁度産卵適葉というところ。
まだまだ、これから産卵数は増えると思います。
今年はそれに反比例して、採り屋が全く来ないのでギフたちのパラダイスになってます。

5月GW終わったら、白馬村へ出かけます。
ヒメギフとバンド見学です。今年は周辺へ足伸ばせば、まだまだいろんなところでLuehdolfiaに出会えそうです。
Posted by 深山葵 at 2005年04月29日 06:29
深山葵さん<そうですわぁ。ホンマに遅いです。滋賀県も遅いようですねぇ。
バンド見学、いいですねぇ。20数年前の学生時代に1度だけ白馬に行ったことがあります。こんなスキー場にいるのかって思っていたら、左後方から1頭のギフが現れて、見ると、バンドの未交尾♀でした。今でも頭の中にくっきり映像の残っている思い出です。
Posted by kenken(管理人) at 2005年04月29日 06:53