2005年04月16日

マイフィールドへ


20050416cc438b5f.jpg快晴。近場の京都市左京区内のマイフィールドへ。狙いはギフチョウの吸蜜写真とコツバメ。年々減少しているギフチョウに今シーズンは出会えるのだろうか。アセビの花を見ていくとアカタテハが吸蜜していた。コツバメはちょうど最盛期、静止して翅をすり合わせるシーンでうまく後翅表面を撮影できたが枝に邪魔されたのが残念。ルリタテハ、ルリシジミのブルーが新鮮。黒系統のアゲハはカラスアゲハかミヤマカラスアゲハか確認できなかったが、飛翔形態からしてミヤマカラスのようだ。いきなり目の前のコバノミツバツツジにギフチョウが現れて吸蜜。デジタル一眼の高速AFでなんとか撮影。今シーズンも出会えて良かった。横切って行った大きなタテハはヒオドシチョウのようだ。新鮮なナミアゲハに翻弄?される。
posted by kenken(管理人) at 16:19| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kenkenさんはギフに会えてよかったですね。

今年の滋賀県は厳しい!やはり10日〜2週間遅れといった感じ。
うまくいけばGWでも産卵シーンを見れそうな気配です。
北陸も浅山は出現のピークのようですが、少し入ったところではGWにならないと見れないような気がします。
Posted by 深山葵 at 2005年04月17日 07:21
深山葵さん<へぇ〜、滋賀県はまだのようですか。
累積温度で見てみると、奈良県は去年とほとんど変わりなしですが、京都府は10日〜2週間遅れです。滋賀県は計算していないのですが、京都と同じく遅いのでしょう。北陸も奥地はまだ残雪があったりするようですね。
さて、今日も今からちょこっと出かけてきますかな。
Posted by kenken(管理人) at 2005年04月17日 08:08
 マイフィールトと呼べる所にギフチョウがいるとは、素晴らしいとこにお住まいですね。私も昨日、生まれて初めてギフチョウを撮影してきました。ただ、本当に狭い保護地の中での撮影だったので、感激は今一つでした。いつかは本当に自然の中にいるギフチョウを撮りたいと思います。
Posted by Ryochan at 2005年04月17日 16:25
Ryochanさん<さっそく貴ブログ拝見しました。ほ〜、あんな感じで保護してるんですか、初めて知りました。保護地の写真、有り難うございます。
いくつかある京都のマイフィールドでも年々ギフチョウは減っています。既にいくつかの場所では見られなくなってしまいました。環境をいかに保全すべきか良い考えが浮かびませず、今は見守っていることしかできないのがツライところです(T_T)
Posted by kenken(管理人) at 2005年04月17日 17:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。