2005年04月09日

北陸遠征


2005040933363182.jpg快晴。早朝からギフチョウの撮影に福井県丹生郡へ。現地に到着するやいなや、日光浴する最初の1頭に出会う。撮影適期のようだ。吸蜜に訪れそうなカタクリの近くに陣取り待っていると、やがて気温が上がり、次々とギフチョウがやってくる。あぁ、気分はもう天国。バージンの♀を2頭見かけるも、目の前であっという間に交尾が成立した。新鮮なルリシジミが一瞬、横切っていった。マイカーの近くでアカタテハが占有行動。ルリタテハも元気に飛翔。キチョウの黄色がとてもみずみずしく感じられた。ギフチョウ三昧の1日。本日の走行距離325Km。
(ギフチョウ:CANON EOS KISS DEGITAL NEW+Tamron90mm,Tv:1/1600,Av:4.5,露出補正:-1/3,ISO感度:400,ホワイトバランス:太陽光)
posted by kenken(管理人) at 23:20| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ケンケンさん、ギフチョウ撮影おめでとうございます。
ブログ仲間では初のカタクリでの吸蜜シーンではないでしょうか。それに交尾シーンも撮影されたようでうらやましい。
遠征の成果がありましたね。
Posted by ダンダラ at 2005年04月09日 23:43
ダンダラさん<素早いコメント、有り難うございます。カタクリに吸蜜に訪れた♀を撮影しようとしたら、すぐに♂がやってきて、あっと言う間に交尾成立というシーンに2回も出会いました。90mmのマクロレンズにもだいぶ慣れてきました。
Posted by kenken(管理人) at 2005年04月10日 00:45
やりましたネ!
ピーカン、カタクリ、交尾とバッチリ三点セットおめでとうございます。

昔、銀塩時代に105mmマクロでスミレサイシンとキメた拙作を思い出しました。
もう、年寄りになり機材がうっとうしいのと、やはり「生きた蝶の輝き」に勝るものはないので今年の産地の棲息状態のチェックを兼ねてフィールドで軟弱にチョウを眺めています。

いつものフィールドは やっぱり10日遅れ。
サクラもまだ三部咲きなので、来週後半から本格始動です。
Posted by 深山葵 at 2005年04月10日 01:33
深山葵さん<深夜のご訪問、有り難うございます。
やりました〜、やはり1眼レフですとレスポンスが速いので、吸蜜シーンもうまく撮影することができました。そうです「生きた蝶の輝き」に勝るものはありません。
Posted by kenken(管理人) at 2005年04月10日 08:57
カタクリの吸蜜にPowershotの交尾の写真も素晴らしいですね。
今年は何とか撮影したいと思います。
Posted by BANYAN at 2005年04月10日 15:17
BANYANさん<こんにちは。コメント有り難うございます。今年からはデジタル一眼を導入しましたが、やはり広角写真はコンパクトデジカメのほうが撮り易いですね。Powershotでの交尾写真、バリアングル液晶モニターなので、カメラを地面に置いて撮影しました。
Posted by kenken(管理人) at 2005年04月10日 18:00
うらやましいです。
こちら十勝は寒くて何も飛んでいません。
春にはもう少し早いようです。
Posted by maeda at 2005年04月10日 21:47
maedaさん<こんばんは。な〜に、すぐに北海道にも春が来ますよ!ジョウザンシジミなんかは逆に羨ましいです。私、まだジョウザンシジミを見たことがありません。
Posted by kenken(管理人) at 2005年04月10日 22:19
KENKENさん、こんばんわ。このプログには初書込みです。北陸ギフの写真、相変わらず感動ものです。同じタムロン90mmマクロでも,使い手が変わると魔法のレンズになるんですかね。ここは「KENKENマジック」とでも呼んでおきましょう。
さて、こちら、4/9ギフ参戦も坊主状態(1頭目撃のみ)で憂鬱な週末を過ごしました。リベンジを何処でかけるか?思案中です。
KENKENさんの次回の力作にも期待してます。
Posted by FANSEAB at 2005年04月10日 23:35
FANSEABさん<こんばんわ。書き込み有り難うございます。マジックではありませんよ〜、ひたすら撮りまくって、うまく写っているものを採用しているって感じです。ギフチョウの吸蜜撮影は追いかけてはダメで、吸蜜に来そうな花の前で待って撮るのがコツのように思いました。一眼デジカメ+Tamron90mmにもだいぶ慣れてきました。
Posted by kenken(管理人) at 2005年04月11日 00:12
いつもながら素晴らしい画像ですね。昨年からはじめた初心者としては、ただただ溜息ばかり、おいでいただくのも恥ずかしい限りです。けど、撮影をはじめて、一つひとつの蝶をじっくり見ることができて、改めて蝶の美しさを感じられるようになったように思います。
Posted by nomusan at 2005年04月11日 22:00
nomusanさん<こんばんわ。お褒めにあずかり、有り難うございます。撮影しながら1日中蝶と付き合っていると、今でも毎回いろんな発見がありますね。フィールドにいる蝶の美しさを感じる心があれば、誰もが上級者だと思いますよ〜
Posted by kenken(管理人) at 2005年04月12日 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。