2020年08月05日

暗化型♀に大いにときめく(2020年7月31日)

 1つ前の記事の続きでございます。

200731_107.jpgsikiri160.jpg 以前から、キチンと撮っておきたいと思っているヒョウモン類の♀。アサマシジミ撮影の帰路の林道で、良い機会なので、真面目に取り組んでみました。
 前の記事とは別個体のオオウラギンスジさんの♀。ヒヨドリバナに吸蜜に来ているとこころを今度はサカハチさんを脇役に撮っておきました。やっぱしこの前翅先端の白斑がいいねぇ♪

200731_051.jpgshikiri105.jpg なぜかメスグロさんの多いポイントにも遭遇。ここでは、ミドリ、ウラギンなどもおりましたが、ひたすら本種の♀ばかり狙って撮りました。♀は全て「黒光り」するのでえぇもんです。

200731_068.jpgsikiri160.jpg200731_073.jpgshikiri105.jpg ミドリさんは多数お目にかかれましたので、♂♀同時に撮ることにこだわってみました。求愛シーンと吸蜜シーンでございます。
 いずれも♀を主役にピントを合わせ、♂を脇役に撮っております。

200731_045.jpgsikiri160.jpg この日、最も心ときめいたのがミドリさんの暗化型♀!信越・北陸方面では出現率が低いのですが、崖下のクガイソウで吸蜜する黒光りする♀を発見し、意を決して崖を下り降りての撮影でございます。5段階評価で表すとすれば「暗化度4」と言うところでしょうか♪直ぐ上のノーマルタイプのミドリさん♀写真と見比べていただくと、その暗化具合いが良く分かります。
posted by kenken(管理人) at 12:55| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする