2020年07月04日

最近のkenken(尾突八白)

 生きている証に、約1ヶ月半ぶりにブログ更新でございます。コロナ渦で自粛生活をしているうちに、6月初旬から、メンタル不調?になり、以前に苦しんだ「耳鳴り」と「不眠」に再び悩まされるようになり、活動休止しておりました。

200612_27.jpgsikiri160.jpg 活動休止直前の6月12日に撮影した1枚がこれ。刈り込まれた生垣でテリ張るキマリン♂を発見直後に見失ってしまったのですが、こんな形で再発見いたしました。キマリンさんは、4本ある尾状突起の先端の白を全て表現(尾突四白)してこそ「画竜点睛」なのですが、交尾個体となるとさらに難度が上がります。苦心して「尾突八白」を表現した1枚でございます。
 そもそも交尾個体となると、大抵は♂が飛び古していて四白が揃わないことが多いですし、仮に八白揃っていても他方の個体の後翅に尾突が隠されてしまうんですよねぇ〜。皆さんも、交尾個体に遭遇した際は、ぜひ「尾突八白」を意識して撮影してみてくださいな。

 で、体調のほうはどうなん?との質問が飛んできそうですが、時間が解決してくれるようで、回復傾向になってまいりました。昨日、7月3日からボチボチ活動再開でございます。う〜ん、今シーズンは、オレンジさんやZephyrusさんのシーズンを棒に振ってしまった・・・
posted by kenken(管理人) at 21:39| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする