2020年04月30日

日光浴、開翅と傾斜の分かれ目は?(2020年4月30日)

 ん〜っと、40年以上前の学生時代のお話になりますが・・・私が京都市内で初めてギフチョウを「採った」のは左京区岩倉の某尾根でございました。当時、その尾根から雑木林を見下ろすと、ナニやら青いものが見えておりまして・・・後に分かったのですが、それは八瀬遊園地のプールでございました。

 現在、遊園地はリゾート施設に変わり跡形もなく、また、ギフチョウも全く見られません・・・しかしながら、トラフシジミは健在・・・本日は、左京区内の昔懐かしい生息地へ赴いてみました。
 複数の個体が、撮影には絶好の位置に静止してくれたのですが、日光浴開翅はせず、ひたすら傾斜日光浴シーンを披露してくれました。

200430_01.jpgshikiri105.jpg200430_07.jpg shikiri105.jpg 日光浴、開翅と傾斜の分かれ目は何なんでしょうね?日射しと気温という2つの要素で決まるのでしょうが。

 マイ・カーは京都ナンバー・・・G.W.は京都府内で過ごすことにいたしましょう。
posted by kenken(管理人) at 20:45| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月21日

最近のkenken

 う〜ん、暗い世の中でございます・・・現在、週に2日がテレワークで在宅勤務しておりますが、息が詰まりますね・・・

 昨年の画像から、未公開画像を蔵出ししておきましょう。クモツキさんって、その生息環境から、背景がガレていて灰色中心になることが多いんですよね。もっと強めにストロボ照射したほうが写り映えするのかな?

200319_190618_065.jpgshikiri105.jpg200319_190618_063.jpgshikiri105.jpg 連続した吸蜜シーンでございますが、連写モードではなく、ストロボの充電を意識しながらワンショットずつ、しかも、微妙にフォーカスポイントを変えて撮っております。【撮影:2019年6月18日 長野県】
posted by kenken(管理人) at 19:10| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月14日

マイ師匠SさんのHP更新(2020年)

 先週から、お仕事は、週3日は職場に出勤、週2日は自宅でテレワークということになりました。週末も、他府県にお出かけするのはどうかなぁ〜と考え、撮影遠征は自粛しております。

 さて、一昨日の4月12日に、蝶の生態写真の師匠(と私が勝手にお呼びしている)Sさんから「HP更新したのでバグをチェックして」との連絡をもらいました。毎年1回の更新です。(2020/4/12 18:53現在のカウンター:155,799)早速、バグ・チェックしながら拝見しましたが、今回の更新も唸る作品が勢揃いです。
 今回の更新で、特に強く私の印象に残ったのは、ヤマキチョウの飛翔画像でございます。(師匠!ヤマキチョウ画像へのリンク、ご容赦ください!)

200414_2019051809.jpgshikiri105.jpg 2年ほど前からSさんは飛翔写真用に OLYMPUS E-M1 Mark2 を導入されておられますが、この♂♀両翅表の表現は圧巻でございます。この写真、♂が♀を追飛するのではなく、♂がその黄色を♀にアピールしているように感じられるところも面白いですね。
 
 あっ、ところで、マイ師匠SさんのHPはこちらでございますよ。
posted by kenken(管理人) at 21:38| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする