2019年10月07日

源遠流長(2019年9月28日)

 9月30日で長期的な意味でお仕事にひと区切りつきました。ほんの少しながら「源遠流長」の一助にはなったのかな・・・と言うことで、10月1日〜10月7日は「特別休暇」。蝶撮影活動はお休みして、家族旅行、お祝い会、同期会など、のんびりと過ごしておりました。
 そ〜ゆ〜歳になると昔を振り返るもんですねぇ〜・・・「私は『お城の家』ではなく『要塞みたいな家』と呼んでいたなぁ〜、とか、初めて京都でギフチョウ採集!したのは『ブタ小屋谷』の尾根だったなぁ〜」とか・・・

 さて、少し遅くなりましたが、9月28日のお話しです。最近、その生息地の衰亡が気になるミヤマシジミ。13年ぶりに静岡県に撮影に訪れ、蝶とその生息地の風景をこの眼と写真に焼き付けておきました。
190928_082.jpgshikiri35.jpg 15mm Fisheye での画像は、あまりに生息地の風景が露わで場所が特定されてしまうので、上半分カット画像で何卒ご容赦ください。

190928_090.jpgsikiri160.jpg 当日は、♂はパスして、ひたすら♀を見つけては、追跡、撮影しておりました。記録としては、☆♀の確認といったところでしょうか。上と同じシーンを100mm Macro で撮影するとこんな感じ。コマツナギに静止するシーンは特に心を込めて撮影しておきました。その他、この季節ならではの各種の花への訪花、吸蜜画像も堪能させていただき、それはまた後日に。

 お昼前には現地を離脱。13年前にはなかった新東名−伊勢湾岸−新名神経由で移動すると、ラグビー対アイルランド戦の試合開始時刻には帰宅でございます。まさか勝つとは・・・
posted by kenken(管理人) at 10:30| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする