2019年09月11日

探索途上の蝶たち(その2)

 9月7日〜9月8日の週末は、猛残暑に萎えて京滋でのウラナミジャノメ探索は見送り。今後の探索活動に備えて、ドライブレコーダーを購入&装備しておりました。最近は安価でえぇもんあるんですね。諭吉さん&野口さん各1名でお釣りが来ました。そちらの話題はまた後日に。
 3つ前の記事の続編でございますよ。メインターゲットの蝶の探索、撮影の合間に、普通種といってもちゃんと撮っとかんとイカンねと心を込めて撮影した蝶たちの画像をUPしましょう。

190802_152651.jpgsikiri160.jpg ムモンアカの探索途上で出逢ったボソキさん。ボソキさんには申し訳ないのですが、ヤマキさんぢゃないよねって確認のために、いつもカメラを向けさせていただきます。こういった普段は翅を開かない種の翅表も、そろそろ飛翔シーンで狙ってみようかなぁ〜なんて考え始めております。
撮影:長野県 2019年8月2日

190803_122442.jpgshikiri105.jpg Lタテハを見るとドキッとするんです。というのは、2015年8月に撮ったLCタテハ(Cタテハの異常型)が脳裏をよぎって、Lタテハにも新しいパターンの異常型が出現するんじゃないかと考えているからなんです。

190803_122941.jpgsikiri160.jpg 最近、関西の近場では鹿害の影響でトンと見なくなったヒメキマさん。翅裏の眼状紋を際立たせてくれる周辺部の明るい紫色のお化粧がえぇ蝶なんですよねぇ〜ここぞとばかりに心を込めて撮りました。うん、これだけ縁毛が揃っていて新鮮なヒメキマ撮ったのは久しぶりかも。
 Lタテハ&ヒメキマ撮影:長野県 2019年8月3日


posted by kenken(管理人) at 12:59| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする