2019年07月31日

元(今も?)甲虫屋のひとりごと

 元(今も?)甲虫屋の管理人、蝶撮影でうろついていても、「んっ?!」って甲虫に眼が行って、蝶撮影そっちのけになることがございます。
 2019年6月、キマリン探索途上に、桜の老木の根本に白い菌類を発見。キノコムシとおぼしき甲虫が群がっているではありませんかっ!

190608_1257.jpgshikiri105.jpg おおっ、久しぶりに見るけど、これってデオキノコムシ(出尾茸虫)の仲間だよねぇ〜ヤマト? or エグリ?なんて考えながら撮影してみると、あれっ、赤橙斑が2対ぢゃなくて3対あるし、尾っぽも尖って(出尾で)ないし、デオキノコムシと違うなぁ〜ってなったわけです。

 菌類に群がるのは、キノコムシの他にゴミムシダマシの仲間もいたよねぇ〜うん、そうだっ!こいつはモンキゴミムシダマシでございました。
 蝶の種名には「〜モドキ」ってのがありますが、甲虫の種名には「ニセ〜」、「〜ダマシ」なんて接頭語や接尾語が入るの多いんですよねぇ〜
posted by kenken(管理人) at 08:15| Comment(3) | 昆虫一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする