2019年07月31日

元(今も?)甲虫屋のひとりごと

 元(今も?)甲虫屋の管理人、蝶撮影でうろついていても、「んっ?!」って甲虫に眼が行って、蝶撮影そっちのけになることがございます。
 2019年6月、キマリン探索途上に、桜の老木の根本に白い菌類を発見。キノコムシとおぼしき甲虫が群がっているではありませんかっ!

190608_1257.jpgshikiri105.jpg おおっ、久しぶりに見るけど、これってデオキノコムシ(出尾茸虫)の仲間だよねぇ〜ヤマト? or エグリ?なんて考えながら撮影してみると、あれっ、赤橙斑が2対ぢゃなくて3対あるし、尾っぽも尖って(出尾で)ないし、デオキノコムシと違うなぁ〜ってなったわけです。

 菌類に群がるのは、キノコムシの他にゴミムシダマシの仲間もいたよねぇ〜うん、そうだっ!こいつはモンキゴミムシダマシでございました。
 蝶の種名には「〜モドキ」ってのがありますが、甲虫の種名には「ニセ〜」、「〜ダマシ」なんて接頭語や接尾語が入るの多いんですよねぇ〜
posted by kenken(管理人) at 08:15| Comment(3) | 昆虫一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

京滋の蝶(2019年7月20日)

 この日の近畿地方は、雨は降らないものの日照時間なしの終日曇りの予報。当初、他に探索に行きたいところがあったのですが、お天気いまいち&通行止め情報で見送り、地元で定点観察&探索を行うことにしました。

 まずは先日、生息確認した地元・京都府の3つ眼のヒカゲモノ。

190720_03.jpgshikiri105.jpg いきなり足元から飛び出して直ぐ近くの薮の中にとまり、こちらが動くと逃げられそうなので、その場で上半身だけゆっくり右にひねって100mmマクロで撮った「証拠写真」がこれ。♂ですね・・・

190720_03t.jpgsikiri160.jpg190720_10.jpgsikiri160.jpg 3つ眼の♀にときめきたくて、数ヶ所探してみましたが出逢えず・・・出逢った♂は、さすがにやや時期遅れで、こんな鮮度。「開翅し易さ」は鮮度に反比例すると感じるのは私の勝手な思い込み?私好みの翅表と翅裏を同時に撮って3つ眼を表現いたしました。

 続けて、滋賀県、年1化で7月に出現する3つ眼のジャノメモノ。

190720_23.jpgsikiri160.jpg 日照はないものの、暑いし、険しいし、クモの糸絡むしで、苦行以外のなにものでもありませんね。(笑)とても薄い生息状況なのですが、生息確認。まともな写真はなかなか撮れず、撮れたこちらは♀のようですね。地元、京滋の3つ眼のヒカゲモノとジャノメモノ、定点観察と探索が地元在住者の使命かと訪れてみました。
posted by kenken(管理人) at 08:45| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

やはりヒョウ柄が好き?(2019年7月14日)

 7月14日、早朝の信州はしとしと雨。午前中には天気回復との予報をTVで見ながら宿泊先のBさん宅でくつろがせていただきました。

190714_0650.jpgshikiri105.jpg その間、同泊のSさんのカメラで前日のお写真を拝見。う〜ん、こんな新鮮なトラフが近くにいたのなら、擦れたキマモとか追っている場合ではなかったな・・・9:00には雨も上がり行動開始いたしました。

190714_098.jpgshikiri105.jpg やや時期遅れですが、まずはミヤマカラスシジミの生息地に立ち寄りました。雨が上がりで、複数個体が雨宿りしていた葉裏から葉表に移動しているところでした。証拠写真のみで切り上げでございます。

 その後、移動してやや標高を上げてみました。オオミスジとか新鮮なんですが、撮影意欲がイマイチ湧きません。

190714_102.jpgshikiri105.jpg 撮影意欲がそそられたのはギンボシヒョウモン。地元・関西では見ないので、一瞬、ウラギンヒョウモン?と思いましたが、後翅裏前縁の白銀斑が4つで本種であることを確認しての撮影でございます。

190714_143.jpgsikiri160.jpg190714_146.jpgshikiri105.jpg 雨上がり、雲量10の明るい曇りで、いずれの蝶も柔らかい光でいい感じの色表現で撮影できます。ここ、コモドキもいたんだ。ウスイロ同様、透過光を利用して翅裏から撮影すると、ステンドグラスみたいになって綺麗なんですよねぇ〜

190714_111.jpgshikiri105.jpg 頑張って追いかけたのがコヒョウモンの本個体。異常型とまでは申せませんが、黒斑が発達気味で結構「濃い」お顔で好みでございます。こちらも後翅裏も撮影して本種と確認させていただきました。

 以前、コヒョウモンとヒョウモンチョウ(今はコウゲンヒョウモンと言うんですね)の後翅裏の斑紋による識別についてご教示いただいたYさん、改めて御礼申し上げます。

 さて、今さらですが、拙ブログは題名のとおり、My Favorite な 日本産(題名が not "in Japan” but "of Japan" であるところに注目)の蝶を紹介するもので、撮影対象種を増やすことにはあまり興味がないんです。こうしてみると、やっぱり私はヒョウ柄が好きなんですかねぇ〜
posted by kenken(管理人) at 15:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

撮りながら考えたこと(2019年7月13日)

 3つ前の記事で書いておりましたとおり、7月13日〜7月14日は信州方面に探索、撮影に出かけておりました。主目的の蝶はフライングか不作と推定される状況でハマり。(涙) 現地泊でお天気と現地情報を得ながらのスクランブル撮影に切り換えました。まずは初日にMy Favoriteで撮った蝶とその時に考えたことを書かせていただきます。

190713_008.jpgsikiri160.jpg クロシジミって、圧倒的に♀を多く見るように思うのですが、なぜかなぁ〜 アリさんがらみの蝶はダラダラ発生なんですかねぇ〜 そこそこ新鮮な♂がいたので、翅表の紫って上手く表現できないものか、いろんな角度から試してみましたが、自然光ではこれが精一杯。「標準図鑑」に載っている明るい紫の翅表って、個体差によるんですかねぇ〜

190713_083.jpgsikiri160.jpg ヒメシロさんと戯れるの何年ぶりかな?♂の前翅表端の黒をばっちり表現するには飛翔写真が良いのでしょうが、吸蜜に訪花して体勢が固まらないうちに撮ると、こんな感じで写真に収めることができるんですよね。明るいオープンスペースですが、ISO感度640まで上げると1/2000秒でシャッター切れて、飛翔写真モドキ、私にも写せます♪

190713_051.jpgshikiri105.jpg カラスシジミ、フライングかと思いきや、なんで♀のちょいスレ個体のみ?ここはきっとニレ科食い。京都、滋賀、福井でこいつを探す際、何科食いをイメージして探すべき?バラ科?ニレ科?それとも・・・

190713_087.jpgsikiri160.jpg キマダラモドキの探索感を失わないように久々に探してみました。私なりの探索のコツは、「森を見て、木も見る」なんです。まだ探索感は健在?なんとか遭遇できましたが、やや時期遅れは否めませんね。しかし、草本は見ておりませんでした・・・ピカピカの夏型トラフシジミがいたのに気づかず・・・ここって、3つ目のモドキさんはいないんですかねぇ〜

 ちなみに、この日の夜は、信州在住の撮影仲間のお家に、師匠(と勝手に私が呼んでいる)のSさんと共に泊めていただきました。(Bさん<当日の午後連絡にもかかわらず、快諾いただきおおきにです)
 
190713_1918.jpgshikiri105.jpg190713_1949.jpgshikiri105.jpg こうなると夕食は「あー、こりゃこりゃ」となるわけで、3人で近くの居酒屋で蝶探索、撮影談義に花咲かせながら、「『本日のおすすめ』を全部1つずつと冷奴」とか注文して生ビールで数献に及びました。写真は、冷奴、牛スジ焼き、トマトとズッキーニのチーズ焼きのシーンでございます。

posted by kenken(管理人) at 08:55| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

ほんまに張った!(2019年7月7日)

 年月日が前後いたしますが、3つ前の記事で書いておりました、キマリン探索・撮影のnull神様をお祓いできた日のことについて書いておきましょう。

 キマリンのテリシーンに出逢っても、撮影ですと、樹上テリでは「証拠写真」しか撮れないので、京都府内の山間部でも、なんとか見下ろせる位置や下草でテリ張る場所がないかず〜っと探しております。この日は、夕刻からお天気回復し、きつい西日。今日もあかんやろなと思いながらも、もし下草でテリ張るんやったらここかなと「テリ待ち心中」覚悟で佇んでおりました。

190707_10.jpgshikiri105.jpg すると、それらしき飛翔体がどこからともなく現れ、下草上をくるくると旋回するではありませんか!静止したので確認すると本物のキマリン!「ほんまに張った」とつぶやいて撮った証拠写真がこれ。

190707_17.jpgsikiri160.jpg きつい西日の中、その場で翅表を披露してくれました。漆黒のキマリンのように見えますが、僅かに瑠璃色斑が確認できる個体で、縁毛と翅表の具合から、羽化後2〜3日と推定される鮮度です。じっくり翅表をマクロに撮ろうとしたところ、今度は別個体が現れて、活発なバトルがくりひろげられ、撮影どころではなくなりました。

190707_38.jpgshikiri105.jpg ようやくバトルが一段落し、下草上に戻った個体をじっくり撮ろうと近づいたところ、こいつ最初とは違う個体やんか・・・テリ争いでは、経験値が高く鮮度の低い個体が居座るという理論どおりの結果になりました。

 ところで、キマリンの探索・撮影途上には様々なZephyrusに出逢うのですが、トンボさんにも出逢います。トンボについては全くの素人なので・・・

190707_04.jpgshikiri105.jpg 「こんな××な環境やし、きっと珍なトンボに違いない!」と真面目に撮ってみましたが、普通にいるトンボのようです。ネットで絵合わせすると自宅近くの京都市左京区岩倉で撮影された画像に行き当たりました。
posted by kenken(管理人) at 19:10| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

3目半×2=7目(2019年7月10日)

 7月3日&7月6日に「ときめいた」もんですから、「別嬪に出逢ってもっとときめきたい」と、♀狙いで再訪問してみました。探索を始めるや、出逢えた「初球」は新鮮な♀♪ 薮の中ですが、いい感じの位置に静止してくれたので手持ちで証拠写真を撮影後、一脚を立てて手振れのない作品写真を撮ってみました。

190710_17.jpgsikiri160.jpgsikiri160.jpg 薮の中なのでISO感度:1250まで上げてもシャッター速度:1/250なんですよねぇ〜(絞り:6.3、露出補正:-2/3、レンズ:EF300mm IS、ストロボ:発光、調光補正:+1/3、シンクロタイミング:ハイスピード) 風による被写体ブレが気になるので、上手く撮れたかモニターで拡大確認すると、うをっと、こいつ、後翅に隠されてるけど3つ目の下に+αの眼状紋がチラっとみえてるやんか・・・

190710_06.jpgshikiri105.jpg こうなると、+αの眼状紋をしっかり撮りたくなるんですよねぇ〜 風に揺れる葉上で、時おり翅を動かすのでカメラ構えて待っていますと、こんな感じで全体を披露してくれました。4つ目ですが、+αの眼状紋は他の3つに比べて小さく、中心部の白斑も認められないので半目と勘定しましょう。囲碁的表現で言えば「3目半」といったところですね。

190710_08.jpgshikiri105.jpg 更にこうなると、右翅裏はどうなってるんやろ〜と撮りたくなるんですよねぇ〜薮の中で追いかけっこして蝶の右側に回り込めた写真がこれ。左右対称で「3目半×2=7目」でございました。

 上述の「7目」の個体は結局、開翅することなく、追跡途上で薮の中でロスト(涙)・・・再発見しようと探索を続けると別の♀に遭遇したので、追跡対象を替えることにしました。

190710_37.jpgsikiri160.jpg こちらの♀は「3目×2=6目」のノーマル。薮の中ですが、直射日光のあたる位置で見事なV字開翅を披露してくれました。私好みの「翅表と翅裏を同時に撮る」で、右前翅裏の3つ目を写し込んでクロヒカゲモドキであることが識別できる写真が撮れ、誠に嬉しゅうございます。揃った縁毛と新鮮な翅表はやっぱし良いですねぇ〜

 最近、他ブログや他サイトで、クロヒカゲモドキをあまり見かけませんねぇ〜減少傾向なのか?撮影時期はこれからなのか?人気のない種なのか?なんて考えております。ところで、蝶の種名がフルネームで出るのは3記事ぶり?特に深い意味はありませんが。(笑)
posted by kenken(管理人) at 09:20| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

3つ目にときめく(2019年7月3日&7月6日)

 まず近況でございますが、7月13日〜7月14日と信州方面に探索、撮影に出かけておりました。目的の蝶はフライングか不作と推定される状況にハマりましたが、現地泊でお天気と現地情報を得ながら、その場で探索、撮影対象種を決めて移動するという行動に切り換え、副産物でなかなかの成果が得られました。また改めて書かせていただきますが、カラスシ、ミヤカラシ、コヒョ、ギンボシヒョ、コモドキ、キマモといったところでございます。

 さて、6月下旬は、東海〜北陸地方での撮影で大いに成果が上がったのですが、ここには書けないネタばかりなので、すっ飛ばして7月初旬のお話しです。今シーズンも3つ目なヒカゲモノを見つけてときめきたくて、京都府、大阪府をうろついておりました。

190706_44.jpgshikiri105.jpg こんな雑木林が残っているところは少なくなりましたね。京都、大阪両府共に3つ目は健在でしたが、生息地で探索中に足元から小鹿が飛び出して驚かされるなど、鹿害の影響が懸念されます。

1907kuromo.jpgsikiri160.jpg 本種の撮影経験者にはお分かりと思いますが、静止時の翅裏ですら草本や樹木の妨げなくフラットに撮影できる機会は少ないんですわ・・・のべ2桁の♂に出逢いましたが、その中から右翅裏をフラットに撮影できた写真のみトリミングしてまとめてみました。いずれの個体も互いに微妙に違う「お顔」なんです。

 う〜ん、こうなると♀にもときめいてみたくなって、後日にまた出かけてしまうことになるんですよね・・・
posted by kenken(管理人) at 14:50| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

ブルーとオレンジ(2019年6月19日)

 5つ前の記事で「キマリン撮影は、さすがに飽きて・・・オレンジさんが撮りたく」なんて書いて、6月18日〜19日と信越地方のオレンジとブルーに浮気?したもんですから、null神様に憑かれてしまいました。その後、京都に戻ってキマリン探索に行くと、ことごとく完封負け・・・まあ、採集ではなくて、撮影に適した低い位置でのテリポイント新規開発なのでしょうがないのでしょうが・・・某サイトのお言葉に励まされ「諦めず、居ると信じて3回目の訪問」した2ヶ所でも連敗。しかし、いないことを証明するのは難しいので、来年も訪れてしまうのかな。そんな中、一昨日、7月7日、ついに連敗を脱出、ここで張るんじゃないかなと予想した下草でテリ張るお姿を目にした時は、思わず「ホンマに張った」とつぶやいてしまいました。×♂の撮影でnull神様をお祓いでき、嬉しゅうございました。

 さて、オレンジからブルーに浮気していた6月19日に出逢ったブルーなシジミさんについて、もう少し書いておきましょう。

190619_211.jpgsikiri160.jpg190619_199.jpgsikiri160.jpgsikiri160.jpg ブルーなシジミさんについては、皆さん、青い個体がお好きなようですが、私は青すぎない個体が好みでございます。今回の撮影行でいいなと感じたのはこんな個体たち。特に右側の個体が好みで、羽化直でクズの葉上で翅を乾かしておりました。

190619_268.jpgsikiri160.jpg ん?って思わず考えながら撮影したのがこの個体。前日にオレンジさんを撮影した残像が眼に残っているのか・・・後翅表面にオレンジ斑が見えるやんか・・・こんな個体変異って、昔どこかのサイトで見たような気がするけれど、いつどこでだったか、どうしても思い出せません。どなたか、あのサイトだよってご存知の方おられましたら、ご教示いただけると幸いです。

 最後に近況報告でございます。先の週末は、早朝からお昼にかけては3つ眼のヒカゲモノと金緑系のZephyrusの探索、撮影に胸ときめかせ、午後は車で若干の仮眠、夕刻はキマリンの探索、撮影と活動しておりました。撮れたての3つ眼のヒカゲモノをタイトル画像にUPしておきますね ♪ なんだか、蝶のブログなのに、蝶の種名が出てきませんねぇ〜特に深い意味はございません。
posted by kenken(管理人) at 07:45| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

最近のkenken(2019年6月29日)

 オレンジさんやブルーさんについて、まだまだ書きたいことがあるのですが、その前に6月29日の近況報告をしておきましょう。午前中、京都府のオオヒカゲの生息地を訪れてみたところ、△頭の個体に出逢いました。

190629_06.jpgsikiri160.jpg190629_39.jpgsikiri160.jpg 写真は1頭目の個体の左右両翅裏を非常に弱ぁ〜くストロボ焚いてフラットに撮ったものです。林内のかなり暗い環境に静止したので、シャッタースピード稼ごうと、左:ISO1250、右:ISO1600の設定ですが、ノイズも少なく鑑賞に堪える絵でございます。

190629_42.jpgshikiri105.jpg これは△頭目の個体です。1頭目を撮影した場所の直ぐ近くで出逢ったので1頭目の再見かと思いながら、薮に消える直前に撮った証拠写真がこれ。比較して見ると1頭目の個体とは明らかに眼状紋が異なることから△頭目と確認できたわけで、やはりヒカゲモノは左右両翅裏をきちんと撮っておくことが必要でございますね。

190629_1039.jpgshikiri105.jpg 某サイトの記事が気になっていたので、撮影後、足元をチェックすると、うひゃあ〜ヒルが・・・慌ててオーバーパンツを脱いで入念にチェックすると3つも付いておりましたが、食い付かれてはおりませず、持ち帰る前に駆除できて、やれやれでございます。
posted by kenken(管理人) at 19:50| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする