2019年06月30日

ブルーと食草(2019年6月19日)

 本日6月30日の京都市内は本格的な雨。蝶撮影活動はお休みしてブログ更新しておきましょう。

 6月19日の信越地方の天気予報は降水確率50%以上。終日、太陽は拝めないようなのでオレンジさんの連闘には向きません。標高を下げてブルーなシジミさんを撮影することにいたしました。
 1つ前の記事のなんたらオウギではなく、エビラフジを食草とする地域で探してみますと、どんなもんです!食草の葉上で開翅している個体を目視で発見。やっぱり食草の花を背景にがあると蝶が引き立ちますなぁと勝手に納得しながら撮影したのがこれらの画像。

190619_164.jpgsikiri160.jpg 明るい曇りで良い発色です。ズームではなく、撮影倍率1倍の単焦点 100mm マクロレンズでの撮影です。鱗粉1粒1粒(と数えるのかな?)まで表現できており、このレンズの解像度は圧巻です♪<撮影データ>絞り数値:6.3、露出補正:-2/3、ISO感度:640、シャッター速度:1/500、ストロボ:発光、調光補正:-2、シンクロタイミング:ハイスピード

190619_107.jpgshikiri105.jpg 同じシーンを環境も含めて15mm Fisheye で心を込めて撮りました。<撮影データ>絞り数値:14.0、露出補正:-2/3、ISO感度:800、シャッター速度:1/80、ストロボ:非発光
posted by kenken(管理人) at 12:30| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

オレンジと食草(2019年6月18日)

 蝶の生態写真に取り組んでいると、種類にもよりますが、吸蜜シーンは蝶らしい瞬間なので見映えがします。なかでも、食草の花での吸蜜シーンとなるとポイントが高いんじゃないかと勝手に納得しております。

190618_027.jpgsikiri160.jpg190618_100.jpgsikiri160.jpg オレンジさんの吸蜜シーンで食草をメインに表現したのがこれらの画像。背景が若干ゴチャつきますが、ハタザオを生え際から花まで表現いたしました。付近には見映えのする黄色い花のヤマガラシもありましたが、そちらには1度も訪花しませんでした。

190618_055.jpgsikiri160.jpg ところで、こちらのハタザオ吸蜜シーンで背景に写っているのは、なんたらオウギというマメ科植物。植物には疎いので、花が咲いていないと(いても?)同定には自信がありませんが、ブルーなシジミさんの食草であることだけは一目見て分かります。もっとも、当地に生息していたとしても、オレンジさんが飛んでいる時期なので、まだ成虫の時期ではないでしょう。

 結局、6月18日は、晴れたり曇ったりでしたが、高山帯特有のお天気で、太陽はときおりしか姿を見せず、実質的な日照時間は短く、気温は上がっても13度くらいまで。オレンジさんの♀にはお目にかかれませんでした。この時点で、翌6月19日の信越地方の天気予報は降水確率50%以上。オレンジさんの連闘には向きませんね・・・
posted by kenken(管理人) at 22:30| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

オレンジの雨2019(2019年6月18日)

 6月18日は勤務先の創立記念日で休業日♪ かねてより6月19日に年休を取得しており、6月18日〜19日は蝶撮影遠征用の2連休にしておりました。まあ、この梅雨の季節、お天気次第で「取得損」になるかもしれませんが。

 某サイトの「オレンジさん、あぁ、やっぱりエエ蝶やなー」なんて記事を拝読・・・6月17日の17:00時点での翌6月18日の信越地方の天気予報を見るに降水確率約10%・・・これはオレンジさんをはさむしかないでしょう。

 6月17日の勤務後、食事を済ませ1973年の懐メロCDをカーステにセットして「オレンジの雨」を聞きながら(毎年のルーチンです)高速道をひたすら走り、6月18日の1:00過ぎに眠気を感じたので最寄りのPAで車中仮眠、5:00に起きて移動再開、その後、目的地の最寄り場所に駐車して標高1,300m付近まで登山・・・初訪問地でしたが、エェめをさせていただきました。

190618_003.jpgsikiri160.jpg190618_014.jpgshikiri105.jpgshikiri105.jpg 目撃3♂のうち2♂がよく撮影に付き合ってくれました。左は、両翅表のオレンジをくまなく表現できた基本的なハタザオ吸蜜画像。私はどちらかというと、翅表のオレンジ部と翅裏の唐草紋様の両方を表現した右画像が好みでございます。

190618_057.jpgshikiri105.jpg 撮影地では、一般のレンズマンさんにも登山者にも会わずでしたが、撮影時、なぜか視線を感じたので振り返ってみるとこいつ。すかさず300mmレンズでファインダー越しに視線を合わせた瞬間です。

190618_070.jpgsikiri160.jpg オレンジさんとハタザオの生息環境はガレ場的なところなので、吸蜜シーンを普通に撮ると、どうしても上のような背景に岩や石が入った味気ない画像になってしまいます。開翅の静止画像ですが、こんな感じでオール・グリーンの背景で撮ると、オレンジが際立って好みの画像だったりします。
 1年ぶりに見るオレンジさん、あぁ、やっぱりエエ蝶やなー
posted by kenken(管理人) at 00:27| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

ズームレンズで撮ったキマリン(2019年6月13日)

 2つ前の記事で書きました「時間年休」を取得してキマリン撮影に出かける日は、フル装備の撮影機材(カメラ3台にそれぞれ300mm、100mm、15mmの単焦点レンズを装備+その他)を積んで車で出勤するのですが、この日、6月13日はどうしても「仕事をナニ」できませず、定時までの勤務でございました。
 念のために簡易装備(カメラ1台に16-300mmズームレンズ装着)で出勤して定時で仕事を済ませたところ、当日の京都市内のお天気は雲ひとつないピーカン状態!今からでも間に合うやんか・・・と駆け付けたところ、テリタイムにきわどく間に合いました♪

190613_039.jpgshikiri105.jpg 単焦点レンズほどのキレ味はありませんが、そこそこの画像が得られました。撮影モード:絞り優先AE、シャッター速度:1/640、絞り:5.6、露出補正 :-2/3、ISO感度:800、焦点距離:92.0 mm

 羽化直ではなく微妙に飛び古しておりまして、羽化後2〜3日の個体と推定されますが、レンズの「甘さ」のおかげでスレが目立たず、逆にいい感じです。

190613_115.jpgsikiri160.jpg もう少しクリアに撮ってみようと絞りを8.0まで絞り、そのぶんシャッター速度が落ちて手振れしないようにISO感度を1600まで上げて撮ったのがこれ。撮影モード:絞り優先AE、シャッター速度:1/400、絞り:8.0、露出補正:-2/3、ISO感度:1600、焦点距離:92.0 mm
 翅表の瑠璃色部が、京都市内にしては大きめです。

 TAMRONさんの回し者ではございませんが、16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC レンズ、軽くてオール・イン・ワン的に使える重宝なレンズですね。

 さて、これで、京都市内の低〜中標高地のキマリン撮影は、5月29日以降、のべ15日の出動となり、さすがに飽きてきまして・・・某サイトの影響も受け、一般の方々が集結しないような場所でオレンジさんが見たく(できれば撮りたく)なってまいりました。

−−−<以下、2019年6月20日追記>−−−
190611-13.jpgshikiri35.jpgTAMRON 16-300mm F3.5-6.3 Di U VC ズームレンズ と CANON EF100mm F2.8L MACRO IS 単焦点レンズの比較画像を追加しておきます。
【左】16-300mmズームレンズの焦点距離92.0 mmで撮影
シャッター速度:1/400、絞り:8.0、露出補正 :-2/3、ISO感度:1600
【右】100mm単焦点レンズで撮影
シャッター速度:1/320、絞り:6.3、露出補正 :-2/3、ISO感度:800
posted by kenken(管理人) at 06:45| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

当日羽化推定のキマリン(2019年6月9日〜11日)

 6月15日〜16日の週末は、全国的に荒れたお天気ですね。蝶撮影遠征はお見送りでございます。ついては、朝からブログ更新しておきましょう。
 6月前半は、地元、京都市内でキマリンの探索、撮影に専念しておりました。

190609_06.jpgshikiri105.jpg 6月9日は日曜日で休業日。午前中からキマリンの新撮影地探索しておりました。その途上に遭遇したミスジチョウ。カエデにとまった雰囲気のある写真を撮りたかったのですが、ネムノキばかりとまりました。

 さて、6月9日〜6月11日に撮影したキマリンの中から、その鮮度や生態から当日羽化じゃないかなぁ〜と推定される個体の画像を紹介します。

190609_14.jpgsikiri160.jpg 6月9日に出逢った♂。長尾な尾突四白のうち1対がクロスしているのにシビれます。日本産蝶類のなかで、このように尾状突起がクロスした画像が得られるのは本種のみでは?もっとじっくり撮りたかったのですが、羽化直でテリ張る経験値が低いのでしょうね、この後、先にテリ張っていた他キマ(ちょいスレ、尾状突起1本欠け)に追い出されて見失いました。

190611_062.jpgsikiri160.jpg 6月11日に出逢った♀。付近で見かけた♂が全てスレ個体で、撮影場所を移動しようとした際に発見。まだ翅が柔らかく、乾かしている感じで、「こいつはきっと交尾が見れるぞ」と見守ったのですが、近くでテリ張る♂たちは全く気付かず。やがて翅が乾いたのか飛び去りました。きっとどこかで交尾するぞと付近を探しましたが、再発見には至りませんでした。

 本日6月16日の京都はお天気回復してまいりました。午後はまたキマリン撮影かな・・・
−−−<以下、2019年6月17日追記>−−−
190611_041.jpgshikiri105.jpg・・・と書いておりましたが、結局、6月16日は微妙なお天気で、完全休養しておりました。
 さて、上記6月11日に出逢った娘さんの画像に関して「じっくり見てみたかった変異」といったコメントをいただきましたので、じっくりご覧いただけるように、左翅裏画像もUPしておきましょう。キマリンは、可能な限り、出逢った個体の左右両翅裏を撮影するようにしております。
posted by kenken(管理人) at 10:05| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

時間年休(2019年6月5日)

 一昨年の12月からだったかな、私の勤務先では「時間年休」という、誠にありがたい制度が取り入れられました。(1年間で最多で合計40時間までですが)1時間単位で年休が取得できるんですわ。「終日年休」を連日取得するのは、仕事柄、なかなか難しいのですが、「2時間年休」を取得して15:00過ぎに早引けするのは、連日であっても業務上、差し障りがないんです!6月になると、「2時間年休で早引けしますわぁ〜」という機会が増えます。

190605_05.jpgshikiri105.jpg 2時間早引けすると、京都市内のキマリンのポイントにテリタイムまでに到着できるんです♪以下は、6月5日に早引けしてポイントを訪れた際の画像でございます。まずは個体識別用に翅裏の写真を押さえました。

 この日は、夕方になって西空に雲がかかり、西日が弱くなったので、ストロボ焚いて撮影しています。翅裏画像を撮った同じ位置での開翅画像ですが、

190605_39.jpgshikiri105.jpg190605_55.jpgshikiri105.jpg 左画像では非常に弱く、右画像ではそこそこの強さでストロボ焚いています。この個体の翅表、当日羽化と推定される新鮮さでございます。
posted by kenken(管理人) at 08:30| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

漆黒のキマ(2019年6月1日)

 拙宅はK都新聞を購読しておりますが、6月4日の記事に「漆黒の床に映える新緑 京都・実相院『床みどり』見頃」なんて記事が載っておりましたね。(リンク先、期限切れていたらすみません)
 「漆黒」と言えばキマリンも・・・京都市内では、たまにお目にかかることのできる地域変異だったりしまして、以前にも何回か出逢っていたのですが・・・念願叶って、初めて超新鮮な個体に出逢い、撮影することができました。

190601_53.jpgsikiri160.jpg クロツバメシジミなんかもそうですが、「漆黒」を見た目どおりに写真表現するのは大変難しゅうございます。テリ開翅を直射の西陽で撮ると漆黒がこんな感じで引き立ちますが、いかがでしょうか。窓に西陽があたる部屋は♪なんて懐メロが頭をよぎります。縁毛や翅表の状況から、恐らく前日羽化か当日羽化の個体でございましょう。

190601_84.jpgshikiri105.jpg ♀とちゃうの?と思われる方もいるかもしれませんが、翅裏の性斑も確認しており、間違いなく♂です。この写真でも、右前翅表面をよ〜くご覧いただくと4〜5粒の青鱗が出現しているのが見てとれます。

 また書きます・・・「尾突四白」シビれます。
posted by kenken(管理人) at 12:20| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

5月のキマ(2019年5月29日)

 私が京都市内のキマ初見記事を真っ先に書くのは僭越なので、しばらく写真を温めておりましたが、書かせていただきますね。
 この日の京都市内はピーカン。午後、仕事をナニしまして、京都市内でも最も発生が早いと思われる地点の1つにキマリンの下見に行ってみました。(確か、ふ〇み〇さんのサイトで昨2018年の初見は5月29日やったし)ネズミモチやサンゴジュの花の状況を確認し、探索するも気配なし・・・

190529_49.jpgsikiri160.jpg こりゃやっぱしフライングですなと就いた帰路途上に目の前を横切ったらしき蝶影・・・くるくると私の頭上を旋回して近くの茂みにとまったので、そぉ〜っと近づいて見てみると・・・うひゃあ〜もう出てたんや・・・強烈な西日の中でテリ張ってくれました。しかし、全く追加の気配はございませず、この1♂のみ。まさに「はしり」の個体なんでしょうね。「尾突四白」シビれます。

190529_61.jpgsikiri160.jpg190529_66.jpgsikiri160.jpg 強い西日の直射ですと発色イマイチなので体で影を作ると同じ葉上で180度方向転換して撮り易い向きになってくれました♪ノンストロボとストロボ発光と、それぞれの写真をUPしておきましょう。私はノンストロボのほうが好みかな。翅裏の黒条が透けて見えるし。
posted by kenken(管理人) at 12:00| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする