2019年05月23日

連闘!トラフシジミ(その4)(2019年5月19日)

 5月19日の京都市内は終日曇りの天気予報、400m前後まで標高上げれば、トラフシジミが適期でしょうと、トラフシジミで連闘でございます。

190519_04.jpgshikiri105.jpg 行きがけの駄賃で撮影したウスバシロチョウ。京都市内の山間部らしいお顔です。最近、鹿害で生息地を狭めておりますので、久しぶりに出逢えて、とても嬉しゅうございました。

 車を流しながら、この環境やったらトラフシジミおるんちゃうかと数ヶ所探索したところ、探索能力は確実にUPしているようで、ことごとく出逢えました。

190519_13.jpgsikiri160.jpg190519_12.jpgshikiri105.jpg そのうちの1頭、かなり鮮度の良い♂?が撮影に絶好の葉上に静止してくれました。曇天ですが、陽が射せばきっと開翅してくれるだろうと胸躍らせながら待っておりますと、薄陽が射してまいりましたが・・・なんと・・・傾斜日光浴!(涙)

190519_22.jpgshikiri105.jpg この日は天気予報どおり、山間部は終日曇り。複数の個体に出逢えましたが、開翅シーンには恵まれず、産卵シーン写真の山積みとなりました。ん、でも、この翅裏の斑紋やオレンジもなかなか良いもんです♪
posted by kenken(管理人) at 08:40| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする