2019年05月12日

連闘!トラフシジミ(その2)(2019年5月2日〜5月6日)

 5月11日(土)の休日は、「やんごとなき所用」にて蝶撮影は休止しておりました、いわゆる「1周忌法要」と言うものでございました。
 さて、前回の記事の続きです。この日以降、「この場所は再現性のある『トラフシジミのポイント』」という仮説を立て、日参、検証しておりました。

190506_102622B.jpgsikiri160.jpg190506_100429A.jpgshikiri105.jpg 結果、「♀のポイント」ということで良いようです。毎日、複数の♀を確認できましたが、♂と確認できる個体には出逢いませんでした。形態による♂♀の識別には自信がありませんが、見かけた個体は全て産卵行動をとってくれました。

190506_105455B.jpgsikiri160.jpg190506_105513B.jpgsikiri160.jpg この「ポイント」で最も新鮮だった個体の開翅シーンです。ピーカンのお天気で、葉陰での開翅でしたので、これ以上は開いてくれませんでしたが、私好みの「翅表と翅裏を同時に表現」できた画像でございます。300mm望遠レンズ+×1.4コンバータの威力は絶大ですなぁ。それにしても、トラフシジミの翅表の色表現は撮る角度によって様々で表現が難しゅうございます。

posted by kenken(管理人) at 23:49| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする