2018年04月24日

「ヒメギフ」(2018年4月22日)


180422_24.jpgsikiri160.jpg 4月21日〜4月22日と新潟県〜長野県まで撮影遠征しておりました。両日ともに気温が高い日でございましたなぁ〜
 多くのギフチョウさんとヒメギフチョウさんに遊んでいただきましたが、暑いので飛んでばかり。その中で羽化直で動きの鈍いヒメギフさんに遭遇。まだ翅がしなっとしており、ほとんど飛ばず。赤斑が大きくとても美麗な個体でございました。

180422_31.jpgsikiri160.jpg そのうち翅が乾いて吸蜜でもしないかと1時間近く見守っておりますと、別個体が飛来し、絡んだかと思いきや、あっと言う間に交尾が成立しました。あっ、見守っていた個体は♀やったんや!交尾シーンではじっくり翅裏が撮れますね。意識して逆光側から強めにストロボ焚いて撮影してみました。やっぱしヒメギフさんはえぇなぁ〜

 ところで、K大の蝶類研究会の会誌って、「SPINDA」って言うのですが、創刊当時は「ヒメギフ」って会誌名だったんですよねぇ〜知ってました?
posted by kenken(管理人) at 01:29| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

開幕2日目(2018年3月31日)

180331_157.jpgsikiri160.jpg 福井県内の某道の駅で車中泊、明けた開幕2日目は数年ぶりに南越前町を訪れ、「例の山」の近隣2ヶ所で撮影しておりました。思惑どおりカタクリは蕾で、ショウジョウバカマが適期でございました。2ヶ所共、花の周辺を綺麗に掃除して、メール見ながら「なんでバキやねん?」なんてつぶやきながら待つも、結局、待ちぼうけに終わりました。(涙)

180331_28.jpgsikiri160.jpg180331_158.jpgshikiri105.jpg と言うのも、この日は気温高すぎで、飛んでばかり。時おりこんな感じの静止でした。10♂以上と1♀目撃しましたが、いずれも新鮮でした。「例の型」をこんな広角かマクロ画像で綺麗に撮り直したかったのですが、10年前に撮ったしまあえぇか・・・と強弁しておきましょう。

180331_747.jpgsikiri160.jpg180331_745.jpgshikiri105.jpg 2ヶ所共に小登山。リュックを担いで登り、昨秋から中に眠っていたスポーツドリンクを取り出すと、ちょうど当日が賞味期限!うん、大変熟れて良いお味でございました♪
 ふと左足を見るとこんな大きなダニが付いておりまして、被害防止にスパッツを装着していて事なきを得ました。

 この週末は気温低くてお天気悪そうですね。撮れるとすれば、日曜日の午後くらいですかねぇ〜どうしようかなぁ?
posted by kenken(管理人) at 19:54| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする