2017年07月23日

シルビアは猛獣に守られて?!(2017年7月14日〜15日)

 去る7/8休日出勤の代休を7/14にいただき、7/14〜17は4連休にして、前半の7/14〜15は家族で1泊2日の南紀旅行に行ってまいりました。

170714_1.jpgsikiri160.jpg なぜ南紀にしたかと申しますと、「パンダが見たい!」という家族の要望がきっかけでございますが、南紀白浜アドベンチャーワールド内のサファリパーク、肉食獣エリアは良好な草原環境で、猛獣に守られてシルビアさんが群飛・・・と言ったシーンが頭をよぎったからでございます。まずはパンダさんに挨拶しておき、そそくさとサファリパークへ足を運びました。

170714_2.jpgsikiri160.jpg170714_3.jpgshikiri105.jpg 肉食獣エリアは思ったとおりの草原環境でございましたが、最初から訪問場所名が出てくる記事はその顛末も見えておりまして、ないんですよねぇ〜ミヤコグサ。なお、今回、時間切れで探索できませんでしたが、草食獣エリアも意外と良い草原環境で、ひょっとしたら・・・

 1日目の家族をお宿に届けた後と、2日目の夜明けから朝食までの時間は、ひたすらお宿の周辺でミヤコグサの探索をしておりました。

170715_1.jpgshikiri105.jpg 2日目の朝、7時台で既に気温は25度超。そんな探索の中、ミヤコグサのある草原環境に行き当たりました。かすかにシルビアさんの香りがするので、結果はともかく、秋に訪れてみなくてはいけませんね。

 8:30頃にお宿に戻って朝風呂で汗を流し、朝食後、11:00前にチェックアウト、2日目のメイン・イベントは、和歌山電鐵の「たま駅長」でございます。パーク&ライドというやつで、伊太祁曽駅前の有料駐車場(¥200/日)に駐車して電車で移動です。

170715_5.jpgsikiri160.jpg170715_2.jpgshikiri105.jpg170715_4.jpgshikiri105.jpg 伊太祁曽駅駅には「たま駅長(よんたま)」が出勤中。
 特に調べていなかったのですが、ラッキーなことに直ぐに「たま電車」が来たので乗車して貴志駅へ。

170715_3.jpgshikiri105.jpg 貴志駅の「たま駅長(二たま)」は出勤されておられましたが、ひたすら寝ておられました。こういうお仕事であれば、私でも勤まるなぁ・・・(笑)
 家族一同、大変楽しめた南紀旅行でございました。
posted by kenken(管理人) at 20:54| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

クロモ テリ場探索(2017年7月6日)

 1つ前の記事の7月2日、実は大阪府のクロモ、いわゆる「テリ待ち心中」に終わったんですよねぇ〜 なので、7月6日、お仕事の一部にキャンセルが発生したのを幸いに急遽お休みを頂戴し、再度、クロモのテリ場探索にスクランブルいたしました。曇り時々晴れなるも降水確率がそこそこあるので、テリ推定時間帯より、かなり早めに現地入りでございます。

170706_14.jpgshikiri105.jpg まずは♀に遭遇です。縁毛の揃い具合もよろしく「処女」ではないのでしょうが、最高に新鮮です♪ 直ぐに藪の中に消えてしまいましたが、これだけフラットな画像が得られれば十分でしょう。

 その後、クヌギの樹液で吸汁中の♂も発見。たまには動画もUPしておきましょう。ずっと吸汁しておりましたが、やがて敏感な動きをして、茂みに消えました。♀♂目撃で最盛期と言ってよいでしょう。後は、テリ場所を特定して、テリ時のV字開翅で翅表撮影狙いでございます。

 その後、「推定テリ場」3ヶ所を巡回しながら、延々暗くなるまでテリ待ちしましたが、結局テリを目撃したのはルリタテハとクロヒカゲ(モドかず!)で、またしても「テリ待ち心中」でございました。う〜ん、クロモのテリ場特定には、もっと経験を積まねばならないようでございます。
posted by kenken(管理人) at 07:30| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

クロモ ドロップス(2017年7月1日〜2日)

 クロモ・・・キマリンと同じく、この季節、毎年地元で探索/撮影に出かけます。「どうして同じような 写真何度も撮っちゃうんだ♪」なんて歌いながら、滋賀、京都、大阪と回ってまいりましたので、その一部をご紹介いたします。

170702_02.jpgshikiri105.jpg170702_03.jpgshikiri105.jpg 被写体のファースト・ショットは、種の同定のため、300mm超望遠のこんな写真から入ります。
 はい、右側写真が「本命」で、キマリンの遅れから、ひょっとしたら未発生かなと思ってましたが、出ておりました。

170702_30.jpgshikiri105.jpg クロモって、撮ってみると分かりますが、こんな茂みに静止することが多く、翅裏を真横からフラットに撮らせてくれることはまずありません。この写真は18mm広角で環境も含めて斜め上から撮っております。

170702EOS 80D08331030.JPGshikiri105.jpg 稀に下草が遮らない位置に静止してくれると、ここぞとばかりに100mmマクロでじっくりとこんな作品的な写真を撮ります。うん、この縁毛の揃い具合、鮮度の良さは最高ですね。

170702_74.jpgshikiri105.jpg 機会に恵まれると、マクロで撮った同一シーンを18mm広角でも撮って環境も記録しておきます。雑木林背景のやや開けた環境です。あまり露わにし過ぎるのもよくないので、かなりトリミングしてあります。

 近似種が多く飛び出すなかで、「3つ眼」を見つけた瞬間のインパクトに私のDNAが反応するのでしょう。「それでもまた探すんだろう それが命の不思議♪」なんて歌いながら帰路についたのでございます。
posted by kenken(管理人) at 07:12| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする