2017年04月23日

ギフチョウ in 奈良県(2017年4月22日)

 まだ蝶採集をやっていた学生時代に訪れて以来、30数年ぶりかな、奈良県のギフチョウ生息地を訪れてみました。ここは地元の方々による保全活動が熱心に行われていて、最近、条例で採集禁止になったとのこと。
 何の事前情報も持たずに現地訪問しましたが、直ぐに「初球」に遭遇。

170422_01.jpgshikiri105.jpg そのシーズン最初のギフチョウは、カメラの写り具合のチェックも兼ねて、証拠写真から入ります。今シーズンは3月の低温で発生時期が読み難いのでどんな感じか・・・最盛期のようですね、ちょいスレの♂。

 その後、撮影適地を探索し、カタクリでの吸蜜シーンを撮影するならココかなって場所で待っていると、思惑どおり次々とやって来てくれました。

170422_22.jpgshikiri105.jpg その中から新鮮な個体を選んでの撮影です。その年の最初のギフチョウ、分かってはおりますが、ついつい気合が入って被写体に近づき過ぎですな・・・もっと遠めからカタクリ全体を描写せんとあきません。

170422_25.jpgsikiri160.jpg 今シーズンから実戦投入している TAMRON 16-300mm のワイド端で縦位置広角撮影。背景のくっきりさがいまいちなのは、レンズのせいではなくてカメラの絞りの設定ミス。ズームレンズに不慣れなもんで、マクロ撮影向けの設定のままで撮ってしまいました・・・(汗)それでも、そこそこ使える画像なのでUpさせていただきました。

170422_42.jpgsikiri160.jpg 午後になって、入り過ぎていた気合も抜けて、イメージどおりの画像が得られるようになりました。この個体、左前翅端が羽化不全気味なので、右翅を強調して撮っております。カタクリにしっかり掴まって吸蜜しているのが分かりますね。自然界では今は亡き和歌山の個体群につながる面影の紀伊半島らしいお顔のギフチョウと感じるのは私だけかな?

 当地のギフチョウ、今シーズンはやや時期遅れなので、撮影は早めに切り上げて、来シーズンの再訪に備えてじっくり撮影ポイントを探索いたしました。

 車を使っての撮影遠征、実はいろんなルーチンがあるのですが、約6ヶ月ぶりの撮影行で首尾よく思い出せました。最後もこんなふうにしめるんでしたね・・・この日の走行距離166km。
posted by kenken(管理人) at 21:28| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

九州で撮影開幕(2017年4月15日)

 「4月14日(金)の大分県でのお仕事、前泊の1泊2日で行ってもらえませんか?」ってな打診いただき、二つ返事で承諾。週末なのでお仕事終えた当日も九州泊して、今シーズンの蝶撮影の開幕戦を翌4月15日に、ギフチョウではなく、ひねりを入れて九州のスギタニルリシジミで取り組むことにいたしました。

170414_0256.jpgshikiri105.jpg 4月14日は「民宿 呑むさん」泊。宿賃代わりに近所のスーパーで食材を購入させていただき、宿主と再会の一献でございます。「半額」や「40%引き」のシールが食材の美味さを倍増させてくれますね。(笑)

170414_0261.jpgsikiri160.jpg170414_0258.jpgshikiri105.jpg 一献後の〆めは久留米ラーメンにいたしました。「宿」から徒歩5分くらいのところ。久留米って、ご承知のとおり、豚こつラーメンの発祥の地なんですね。一杯500円で大変美味しゅうございます。

 さて、蝶撮影には15mm、100mm、300mmの3セットの一眼デジカメ+レンズを持参する私ですが、今回はメインのお仕事の荷物があるうえに電車移動なのでそれは無理。そこで、交通費は勤務先負担ですが自費で行った思い、交通費相当のお値段の TAMRON 16-300mm F3.5-6.3 DiU VC PZD MACRO ズームレンズを購入し、EOS80Dに装着した1セットのみ持参することにしました。

 明けた4月15日、福岡/大分県境の福岡県側の山中は、早朝は曇りで気温低いものの急速にお天気回復して気温上がるという1日でございました。スギタニルリシジとルリシジミが混飛する中から、翅表の渋さでスギタニを特定し、

170415_32.jpgshikiri105.jpg まずは静止シーンの翅裏をテレ端300mmで撮影。九州のスギタニって、こんなに翅裏が白く、斑紋も個体変異豊富で、とても翅裏だけではスギタニって同定できませんね。

170415_28.jpgshikiri105.jpg 上と同じシーンをワイド端の16mmで撮影するとこんな感じ。思った以上にクリアな絵です。ズーム全域で最短撮影距離が0.39mで、もう少し寄れたかもしれません。

170415_34.jpgshikiri105.jpg 気温上昇に伴い本格的に飛翔活動する直前に一瞬でしたが開翅シーンを披露してくれました。うん、スギタニの翅表の渋い瑠璃色はよろしいなぁ〜 300mmテレ端での撮影で、さすがに単焦点マクロレンズのキレ味には及びませんが、1本のレンズで広角とマクロのこんな両画像が得られる機動性を考慮すれば、十分に鑑賞に堪えられる画像ではないでしょうか。そんなレンズ評価でございます。

 キマリンの季節には、毎日このセット(EOS80D+TAMRON16-300mm)を携帯して通勤し、スクランブル態勢を取ろうかなと考えたりしております。

【以下、2017/4/17追記】TAMRON16-300mmは量販店で値引き交渉して税込¥54,000 < お仕事の旅費精算額は¥55,600となったので、お値段的にもぴったりの選択でございました。
posted by kenken(管理人) at 22:07| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

ペットドアの装着

 そろそろ各地でギフチョウさんが飛び始めていますが、この週末はお天気優れませんねぇ〜 撮影遠征は見送っております。
 さて、暖かくなって「ふみ」号がちょくちょくベランダに出たがるので、蚊の季節に備えて、先日、専用のペットドアを設置することにしました。

 170409dr.jpgsikiri160.jpg ネット検索すると、こんな網戸専用の手軽なものがあり、送料&税込で1,680円。即日購入し、和室のH社製のトンボカレンダー横の網戸に装着することにしました。

170330_187.jpgshikiri105.jpg 自分で装着してもよいのですが、経年変化で網戸が少々ヘタリ気味なので、網の張り替えとペットドアの装着をプロに依頼することにしました。
 「開口部のお仕事に強い」ことで評判の「伏見屋金物店」に初めてお仕事を発注してみました。

170408_57.JPGshikiri105.jpg 網戸を引き取り、作業後、後日に納品していただき、こんな感じで仕上がりました。さすがにプロのお仕事ですな。ピンと張った網戸に首尾よく装着いただき、「ふみ」号も見とれております。

 「ふみ」号、最初はドアの動きに戸惑っておりましたが、2〜3日で使い方を習得し、今では以下の写真のとおり自分で出入りできるようになりました。蚊の季節にはペットドア付近に網戸用防虫剤を装着すれば万全でしょう。

170408_58.jpgshikiri105.jpg170408_59.jpgshikiri105.jpg170408_60.jpgshikiri105.jpg

170408_61.jpgshikiri105.jpg170408_62.jpgshikiri105.jpg170408_63.jpgshikiri105.jpg

 皆さんも「開口部のお仕事」ありましたら「伏見屋金物店」(京都市上京区)に依頼してみてはいかがでしょうか?お奨めでございます。
 今回のお仕事は、野口英世さん3人でお釣りがくるコストパーフォーマンスで大変嬉しゅうございまして、拙宅の残りの網戸も、逐次、張り替え依頼しようと考えております。
 あっ、但し、1点だけ注意が必要なことがありまして、それは、ギフチョウ日和と予想される晴天の日は、引き取り、納品共に日にち指定は避けたほうが良いということでございますよ。(笑)
posted by kenken(管理人) at 17:08| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする