2016年12月05日

トンボの国(カレンダーの季節)

161205_8230.jpgshikiri105.jpgトンボの国
 古代、日本は『秋津州(あきつしま)』の別名で呼ばれていました。その意味は『トンボの島』。稲の害虫を捕食することから農業の守り神として愛され、衣裳の文様や工芸品のモチーフとしても使われてきました。
 トンボは、全世界に約5,000種類が生息し、日本には200種類近くが分布しています。現在ではビオトープや生物多様性のシンボルにもなっています。2017年のカレンダーでは、日本産トンボのほぼ全種を中心に構成します。

表紙がそんな書き出しのH社のカレンダーが勤務先に宅配されてきました。

161205_8229.jpgshikiri105.jpg 宅配便の宛先となっているFさんにお伺いすると「そちらで適当に使ってください」との(予想どおりの)嬉しいお返事いただいたので、さっそく我が家で使うことにして持ち帰りました。

 うん、来年、毎日が極楽トンボのように過ごせるといいなぁ♪
【業務連絡】アオハダトンボは♀♂が表紙の12月に掲載されておりますなぁ〜
posted by kenken(管理人) at 21:48| Comment(4) | 昆虫一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする