2016年06月05日

蝶と食樹(黒梅擬に紅紋烏小灰)(2016年5月29日)

 本日6/5(日)は久しぶりに雨の日曜日。やや気温も低いですね。午前中は完全休養でブログ更新なんぞしております。
 「梅にウグイス」「紅葉に鹿」・・・ことわざ辞書でひくと「取り合わせのよい二つのもの、よく似合って調和する二つのもののたとえ」などと載っておりますが、蝶も食樹(食草)と一緒に写し込むとしっくりきます。さて、前回記事の続きでございます。

160529_50.jpgshikiri105.jpg クロウメモドキでテリを張る♂。この日は夕方近くまでピーカンで、撮影条件的には直射日光に苦しめられましたが、背景が黒くなる位置に静止してくれたので食樹と蝶だけを表現できました。

160529_59.jpgshikiri105.jpg すぐ近くで♂がテリ張るクロウメモドキに産卵に訪れたノーマルタイプの♀。終日観察するも、不思議なことに、♂と♀のからみは全く見られませんでした。♂のテリって、♀との出会いのためではないのかな。

160529_83.jpgsikiri160.jpg160529_95.jpgsikiri160.jpg 同じく産卵に訪れた紋流れタイプの♀。産卵位置を探してか、葉上を歩いて回転してくれたので容易く左右両翅裏が撮れました。左翅裏画像を精査比較したところ、1つ前の記事で活動開始時の日光浴を撮影した♀でした。クロウメモドキの実が良いアクセントです。縦位置画像は花札を意識して?(笑)

 ♂と♀の出会い、追飛、求愛、交尾はいつ、どこで?絵になる吸蜜写真も撮りたいな・・・なんて疑問や思いが湧いてまいりました。来シーズン以降の課題といたしましょう。
posted by kenken(管理人) at 08:50| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする