2016年05月07日

視線を感じた異常型(2016年5月3日)

 この日は午後からお天気崩れるとの予報でしたが、今後の撮影に備えて、早朝から三重県内で撮影ポイントを探索いたしておりました。午後になると雲が出て風が強くなり、早々に引き上げようとしたところ、帰り間際に思いがけない成果がありました。

160503_15.jpgsikiri160.jpg160503_09.jpgshikiri105.jpg 草むらを飛ぶヒメウラナミジャノメから、なぜか視線を感じたのでカメラを向けてみると、前翅裏面の眼状紋が左右対称の異常型でございました。視線の正体はこれだったようです。翅表も撮ってみましたが特に異常はありません。

 千載一遇の異常型!探索モードから撮影モードに切り替えて、全ての翅表と(特に)翅裏を入念に撮影しておきましょう。

160503_28.jpgshikiri105.jpg この個体、混飛していた他の個体と違って、なぜか樹上に上がるんですわ。習性も違うのか?崖っぷちのカエデの葉上に静止してくれましたが、暗くて風が強く、足場も悪いので、結構撮るのに苦労しました。

160503_29.jpgshikiri105.jpg 右翅裏もきちんと撮らな・・・と思っていると、幸いにも強い風にあおられて逆方向を向いてくれました。風が止むのを待って撮影です。こいつ、ベニヒカゲの血を引きし個体?普通種でもあなどれません。

 10年以上前になりますが、同じような異常型を奈良県吉野郡で撮った記憶があります。いずれ、昔の画像を探してみましょう。
posted by kenken(管理人) at 08:23| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする