2015年10月25日

フェルメール・ブルー(その1)(2015年10月24日)

 普段はバイク通勤でございますが、先日、職場の飲み会があるので地下鉄で通勤したところ、京都市美術館で10月24日から開催される「フェルメールとレンブラント展」の広告が目に飛び込んできました。
 フェルメールと言えば有名なのはブルーの表現以前の記事でも書いたとおり、私はフェルメール・ブルーからサツマシジミを連想するのでございます。以前にタイトルバックに使った画像を撮影したのは3年前・・・思い立って、三重県まで出かけてまいりました。

151024_3235.jpgshikiri105.jpg この日の三重県の天気予報は曇りのち晴れ、午前中は陽は射しそうにありません。早朝から探索して、ようやく新鮮なサツマシジミ♂にたどり着きました。こんなセンダングサの自生する環境です。

151024_15.jpgshikiri105.jpg まだ気温は低く、開きそうにないので、まずは心を込めて翅裏をフラットに撮影です。この「純白さ」、他の蝶にはないと思うのですが、いかがでしょうか?じっと気温が上がるのを待ちます。

151024_23.jpgshikiri105.jpg 待つこと約15分、見事に開いてくれました。陽が射さない状態で♂の開翅を撮影するのは初めて、白飛びしないように慎重に・・・やはり直射日光下よりも良い色が出ますね。

 さて、開く時は開くもので、目視で確認できる範囲で他の♂♀も開きかけています。まずはこの新鮮な♂を優先して撮影し・・・【続く】
posted by kenken(管理人) at 20:30| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする