2015年10月29日

フェルメール・ブルー(その2)(2015年10月24日)

 過去の経験から、サツマシジミの開翅シーン撮影はなかなか難度が高いと思うのですが、開く時は開くもので、1つ前の記事の♂開翅シーンを撮影しながら周囲を見渡すと、他の個体も一斉に開いています。

151024_06.ipg.JPGshikiri105.jpg151024_36.jpgshikiri105.jpg 100mmレンズで証拠写真として撮ったのがこれらの写真。1度に1頭しか撮影できないので・・・

151024_45.jpgshikiri105.jpg 上の証拠写真右側の♀開翅シーンにそぉ〜っと近づいて慎重にマクロ的に撮ったのがこれ。イヌタデのピンクの花がなんとも良いアクセントで、超お気に入りの画像なので大き目の画像をUPです。

151024_57.jpgsikiri160.jpg 全天を雲が覆う日照なしのお天気ですが、明るくなって気温が上がってくると、ひたすら飛翔と吸蜜を繰り返すようになりました。どうやら開翅まつりタイムは終わったようです。コセンダングサの花での吸蜜シーン、花と翅をフラットに撮ってみました。はい、心にゆとりのある時によく現れる縦位置画像でございますよ。

151024_32.jpgshikiri105.jpg この季節、イヌタデを各地で見ますが、この花で熱心に吸蜜するのはサツマシジミくらいではないかな?以前、クロツバメシジミを撮影した際、イヌタデにはとまるだけで吸蜜はせず。この「純白さ」最高です。

 ラッキーなことに♂♀共に納得のいく開翅シーンが撮れたので、お昼になる前にさっさと引き上げることにしました。

151024is.jpgshikiri105.jpg 前夜の妻な人からの「どこ行くの?」の問いには、ひと言「伊勢うどん」と返事しての遠征。お土産は、地元スーパーでいつものみなみのうどんとマルキのたれ。パックの文字もフェルメール・ブルー?この組み合わせ、「横綱」です。この日の走行距離372km。
posted by kenken(管理人) at 00:07| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

フェルメール・ブルー(その1)(2015年10月24日)

 普段はバイク通勤でございますが、先日、職場の飲み会があるので地下鉄で通勤したところ、京都市美術館で10月24日から開催される「フェルメールとレンブラント展」の広告が目に飛び込んできました。
 フェルメールと言えば有名なのはブルーの表現以前の記事でも書いたとおり、私はフェルメール・ブルーからサツマシジミを連想するのでございます。以前にタイトルバックに使った画像を撮影したのは3年前・・・思い立って、三重県まで出かけてまいりました。

151024_3235.jpgshikiri105.jpg この日の三重県の天気予報は曇りのち晴れ、午前中は陽は射しそうにありません。早朝から探索して、ようやく新鮮なサツマシジミ♂にたどり着きました。こんなセンダングサの自生する環境です。

151024_15.jpgshikiri105.jpg まだ気温は低く、開きそうにないので、まずは心を込めて翅裏をフラットに撮影です。この「純白さ」、他の蝶にはないと思うのですが、いかがでしょうか?じっと気温が上がるのを待ちます。

151024_23.jpgshikiri105.jpg 待つこと約15分、見事に開いてくれました。陽が射さない状態で♂の開翅を撮影するのは初めて、白飛びしないように慎重に・・・やはり直射日光下よりも良い色が出ますね。

 さて、開く時は開くもので、目視で確認できる範囲で他の♂♀も開きかけています。まずはこの新鮮な♂を優先して撮影し・・・【続く】
posted by kenken(管理人) at 20:30| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

最近のふみ&kenken

 あ〜、このブログは猫ブログでもあれば、酒ブログでもあったりします。ここのところ蝶ばかりでしたので、最近の流行りを・・・

151018fm.jpgshikiri105.jpg 朝夕が冷えるようになったので、押し入れからホット・カーペットを出してきて設営しました。翌朝以降「ふみ」さんはもうこんな感じで・・・長ぁ〜い猫になっております。

151012dm.jpgsikiri160.jpg たまにはお洒落なお酒を飲んでみたくなって、こんな組み合わせを買ってきました。いつもならジンはゴードンなんですが、今回は基本に忠実にビーフィーターにしました。ノイリー・プラット、以前に購入したとき(相当むかし)から瓶の柄が変わってました。どうやって飲んだかお分りでしょうか?私はシェイクせずに、ロックグラスでステアで飲ります。
posted by kenken(管理人) at 20:38| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

九州を急襲(その3)(2015年10月11日)

 シリーズ「九州を急襲」、最終回の「その3」でございます。「その1」でも書いたとおり、この日のお天気は曇り時々晴れという感じで、メインの撮影対象のクロツバメシジミは、陽が射すと開翅、曇ると閉翅ってなことの繰り返しでしたが、玄界灘によくあることなのでしょうか、強風で撮影に難儀しました。

151011_3066.jpgshikiri105.jpg151011_3069.jpgshikiri105.jpg 陽が射すと、こんな感じ。
 右写真、写真右端の中央やや上にもう1個体が開翅しているのが見えます。

151011_075.jpgshikiri105.jpg 上の写真と同一個体、同一場所で、曇るとこんな感じ。翅裏に赤橙色のない個体は不思議な魅力がありますね。翅裏の斑紋が、地色以外は黒と水色のみの蝶って他にいたかな?

151011_035.jpgshikiri105.jpg 今回の撮影行で最も赤橙斑が良く出た個体がこれ。念のため確認してみましたが、翅表にまでは赤橙斑は出ておりませんでした。いわゆる海のクロツ、いろんなお顔が見られて面白うございます。

151011_177.jpgshikiri105.jpg 最後に1枚、私好みの翅表と翅裏の水色斑を同時に表現できた画像をUPいたします。背景がややごちゃついていますが、海岸近くのタイトゴメの自生する荒地環境はこんな感じでございます。

 首尾よくミッション・コンプリートしたので、午後早めには船で九州本土に戻りました。お天気はましだったのですが、風が強く、思いのほか船は揺れましたね。「島流し」の実績?を作らずにすんで、ホッといたしました。(笑)

151011_3142.jpgshikiri105.jpg 最後に、どうしても食べたかった九州特有の「ごぼう天うどん」、適当に通りすがりのうどんやさんに入ったのですが、メニューにちゃんと載ってました!これで食のほうのミッションもコンプリートでございます。

151011_3146.jpgshikiri105.jpg きつねうどんと違い、おあげさんが重複しないので、いなり寿司と組み合わせてみました。このお店、手打ちで腰のある細麺のうどんが絶品で、ふらりと入って正解でした。実に旨かったです。リピートOKですね。

 末筆ながら、今回のミッションを考案いただいた友人、現地に同行いただいた友人、それぞれに厚く御礼申し上げます。
posted by kenken(管理人) at 18:55| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

九州を急襲(その2)(2015年10月11日)

 この日は、玄界灘に浮かぶ某島と玄界灘を臨む九州本土を探索しました。曇り時々晴れのお天気でしたが、強風に悩まされました。それでも、

151011_20.jpgsikiri160.jpg151011_3031.jpgshikiri105.jpg まずは最低限の目標としていた海背景の海クロツ画像をゲットでございます。海背景画像は、いかに水平線を水平に撮るかがポイントで、なかなか難しゅうございます。食草のタイトゴメのにぎやかしも良い雰囲気です。

151011_041.jpgsikiri160.jpg タイトゴメ上での開翅シーン。私好みの「翅表と翅裏を同時に」表現した画像でございます。申し分なく鮮度の良い個体で、黒い後翅表に浮かぶ水色斑と後翅裏の橙斑とを同時に表現できました。後翅表尾状突起付け根の水色斑が2重に出かかっているところがお洒落です。山のクロツですと、なかなかこうは出ないもんです。

151011_115.jpgshikiri105.jpg 強風の合間、待望の吸蜜シーン。これは何と言う花なのかな?キク科植物であることは間違いありませんが、普段は見かけないので、きっと海浜地域に特有の植物でございましょう。

151011_093.jpgshikiri105.jpg ミヤコグサの花かと思いきや、海の横でもカタバミが自生しておりました。運が良ければ見られる後翅裏面の橙斑が黒化した個体による吸蜜シーン。今回の遠征のミッション・コンプリートでございます。【続く】

posted by kenken(管理人) at 00:12| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

九州を急襲(その1)(2015年10月10日)

 10月1日は各企業で2016年春卒の学生さんの内定式があったようですが、前年度から変更となった本年度の就職(採用)スケジュールの評判はどうだったんでしょうね。就職する側も採用する側も苦労だけが増えたような・・・

 さて、10月初旬はお仕事と法事(母1周忌)とで慌ただしく過ごしておりましたが、ようやく日常に戻り、福岡県まで撮影遠征してきました。今回の狙いはタイトゴメ喰いの海のクロツバメシジミ。その「濃いお顔」、実はまだちゃんと撮影したことがなかったんですわ・・・

151010_2976.jpgshikiri105.jpg 持つべきものは友。翌日早朝からの撮影に同行いただく友人宅に泊めてもらいました。宿賃代わりに近所のスーパーで食材を購入、持ち込んでの小宴会、「半額」「20%引」など、財布に優しいメニューです。

151010_2982.jpgshikiri105.jpg こちらは、この日のために事前に「手土産」としてネット注文して友人宅へ宅配しておいた芋焼酎。翌日は玄界灘に浮かぶ島へ船で渡るので、欠航しないように事前に「島流し」で清めておこうという作戦です。

151010_2987.jpgshikiri105.jpg この夜は数献に及んだ後、最後の仕上げに汁ものが欲しいなぁ・・・というわけで近所のラーメン屋さんへ足を運びました。うむ、このお店は「当たり」ですね。久留米とんこつラーメン、美味でございました!

 さて翌日10月11日はいよいよ海のクロツの初撮影です。狙うのは、海を背景にタイトゴメに静止するシーンと海浜植物での吸蜜シーンに・・・

151011_126.jpgshikiri105.jpg あまり引っ張り過ぎてはいけないので予告編的に、翌10月11日に撮影した画像を1枚先にupしておきましょう。私好みの「翅表と翅裏を同時に」撮影したものでございます。【続く】
posted by kenken(管理人) at 17:36| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする