2015年07月29日

カラスシジミ考(2015年7月19日)

 7/18〜19の信州合宿では、カラスシジミの生息環境を確認しておりました。本種は、ハルニレ(ニレ科)、スモモ(バラ科)といった変わった食性を示し・・・それぞれの生息環境はどんなもんなのか?もし地元・京都にいるなら何を喰っているのだろうか?が関心事なのであります。昨2014年はハルニレ発生の環境、本2015年はスモモ発生の環境の確認です。

150719_037.jpgshikiri105.jpg 長野県、スモモ喰いのカラスシジミ生息地。イタドリに吸蜜に来てるんじゃないかと見てみるとウラゴマダラシジミがおりました。標高1,000mを超えると、この時期でも、そこそこ新鮮ですな。

150719_026.jpgshikiri105.jpg150719_039.jpgshikiri105.jpg スモモ葉上のカラスシジミ♀を発見。結構新鮮ですな。独特の傾斜日光浴姿も披露してくれました。
 
150719_055.jpgshikiri105.jpg ちょっと絵になる吸蜜シーンを粘り強く狙い、ようやくイタドリでの吸蜜シーンをゲットです。上の2枚とは別個体の♀でございます。やや時期遅れで♂は撮影に堪えません。

 カラスシジミ考・・・福井県、滋賀県では何を喰っているんだろう?地元・京都府にはいるのだろうか?京都府で探すとしたら、スモモ/ハルニレのいずれ喰いをメインに探すべきなのか?

150719_109.jpgsikiri160.jpg150719_146.jpgshikiri105.jpg 最後に、この日、オマケ的に撮影した蝶画像をupしておきます。コキマダラセセリにコヒョウモンと、いずれも「小」のつく蝶でございます。地元・京都では見れない蝶なので、大切に撮影いたしました。

posted by kenken(管理人) at 23:00| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

信州合宿(2015年7月18日)

 八ヶ岳山麓にお住まいの大先輩Fさん夫妻のお招きにあずかり、昨年に続き、恒例の信州合宿でございます。厚かましくも4人で押しかけ、奥様の手料理をいただきました。F大先輩、ごっつぁんでした!

150718_1632.jpgshikiri105.jpg150718_1641.jpgshikiri105.jpg 訪問メンバーで、私は1番のり。残りのメンバーが到着するまで先輩宅のお庭でヒメシジミと遊んでおりました。

 自宅のお庭にヒメシジミのいる生活っていいですなぁ〜 ♀はそこそこの鮮度の個体が複数飛んでおりました。

150718_1663.jpgshikiri105.jpg 18:00になって、とうとう待ちきれず。先輩夫妻と共に一献始めました。現地でとれるセロリやキュウリは最高に新鮮で美味いです。まずはラガービールで。
 しばらくして残りの3人も到着し、

150718_1675.jpgshikiri105.jpg こんな感じで蝶談義に花が咲きます。指差している先が先輩宅特製の鹿肉ハムや燻製で、これなかなかいけるんですわ。鹿肉を食べる習慣が広がると鹿害の軽減につながるんとちゃうかなぁ〜と。

150718_1668.jpgshikiri105.jpg この日は日本酒が数種類登場です。愛知県の地酒・義侠「はるか」、米の旨みを感じながらも軽快で呑みやすいお味で、私には、こいつが一番しっくりきました。持参くださったIさん、ご馳走さまでした!

 Aさん:明日の撮影は?
 kenken:昨年カラスシ発見するも、やや時期遅れだったとこ再訪予定。
 Aさん:そこ、情報もらってたので今日行ってきたけど、やや時期遅れよ。
 kenken:ええっ、今日行ってきたの!さすがにフットワーク軽いね。

150718_1683.jpgshikiri105.jpg kenken:ならば、もう少し標高の高い別の場所で探索&撮影しようかな。
 Aさん:ちなみに、探索してたら食草のハルニレらしき木があったので、同定用に葉っぱ採ってきたよ。

 なんて会話がありまして、実は、私の今回のメイン探索&撮影対象は、カラスシジミだったりします。
posted by kenken(管理人) at 07:25| Comment(2) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

久々のスクランブル(2015年7月8日)

 幸か不幸か、お仕事が大繁盛で、なかなかお休みが取れません。ブログ更新も遅れております。この日は湿度の高い暖かい曇り、ヒカゲチョウ類の観察/撮影にはうってつけの気候なので久々に思い切って休みを取って京都府南部へスクランブルしてみました。

150708_22.jpgsikiri160.jpg 今シーズン、オオヒカゲは豊作だと思います。薮こぎしていると色んなところでワサワサと飛び出しますね。この時期にしては新鮮な個体です。余裕の縦位置画像で表現してみました。樹幹に静止するシーンもよいのですが、こういう背景もなかなか雰囲気が出ていい感じですね。ですが、敏感で近づくと直ぐに逃げられてしまいます。

150708_32.jpgshikiri105.jpg この辺りの薮に逃げ込んだような・・・と探してみると、遠くのススキの葉上で開翅しておりました。なんとか接近して、お気に入りの翅表と翅裏を同時に表現してみました。縁毛が揃っていると綺麗ですね。

150708_39.jpgshikiri105.jpg 歩いていると黒い影がよぎりました。活動モードのクロヒカゲモドキ、久々に吸水シーンに遭遇です。敏感な動きで、クルッ、クルッと時折回転行動をしながら地面に口吻を伸ばしておりました。

150708_72.jpgshikiri105.jpg 上と同一個体、吸水後、パッと飛んで近くの葉上でテリっぽい行動を披露してくれました。開翅角は90度。緊張感のある視線を感じました。う〜ん、数日前、開翅待ち心中したのが嘘のよう。
posted by kenken(管理人) at 23:30| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

京滋のチェック(2015年7月5日)

 福井県内で探索をかけた翌日、京都府〜滋賀県の季節の蝶の状況チェックに行ってまいりました。(Rさん、またも若干お題をパクりました(笑))

150705_21.jpgsikiri160.jpg クロヒカゲモドキはやっぱしえぇ蝶ですなぁ〜フィールドで対峙するとナゼか気分が高揚します。この写真、簡単に撮っているように見えるのでしょうが、暗い、蜘蛛の巣、薮の中といった3重苦をクリアして撮るのって、実はなかなか大変なんですわ。この状態で約1時間開翅待ちしましたが、いきなり飛んで薮の中へ・・・(涙)

150705_1474.jpgshikiri105.jpg ↑上の写真と同一シーンを、今シーズンから導入のコンデジ RICOH GR で撮影でございます。だいぶこの機種での撮影に慣れてまいりました。お気に入りなのでちょっと大き目の画像でUPです。

150705_29.jpgsikiri160.jpg オオヒカゲは各所で見かけました。今シーズンは豊作の雰囲気です。珍しく、針葉樹の樹幹にとまったので、余裕の縦位置画像で表現してみました。こいつも、すぐに薮の中に入ってしますので、なかなか撮影には難儀させられます。

150705_54.jpgsikiri160.jpg 久々のクロシジミ♂の開翅シーン。薮の中での開翅でしたが、なんとか草の合間からカメラアングルを確保して、右翅表と左眼がフラットになるように、これまた余裕の縦位置画像で表現してみました。翅表の微妙なブルーはどう表現すると綺麗なのかなぁ〜

150705_1510.jpgshikiri105.jpg 拙ブログは猫ブログでもあります。忘れないように、ふみ号の写真も掲載しておきましょう。京滋チェックの後、帰宅するとエアコン除湿効いた快適なお部屋で、妻な人の股間でくつろいでおられました。
posted by kenken(管理人) at 06:55| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

探索 in 福井(2015年7月4日)

 お天気芳しくない1日でしたが、某蝶を撮りたくて福井県内をうろうろ・・・その際に撮った蝶たちでございます。

150704_12.jpgshikiri105.jpg ご教示くださいな。これって、ヒメキマダラセセリ?はっきり言ってセセリは苦手種目ですわ。(笑)
 同定用に翅表を撮ろうとしましたが、ビュンと飛んで行ってしまいました〜

150704_36.jpgshikiri105.jpg こいつはコキマダラセセリですよね?キマダラセセリよりひと回り大きいのにコキマダラ・・・このネーミングにはいつも違和感を覚えます。福井県での記録ってあんまし聞きませんが、私の耳がふし穴のせい?

150704_37.jpgsikiri160.jpg クロシジミには複数出逢えました。最も別嬪な♀としばし開翅待ち心中・・・気温低くてお天気いまいちで開きませんでした。(涙)

 狙いの蝶には出逢えず・・・探し方が悪いのか?お天気いまいちのせいか?時期が違うのか?
posted by kenken(管理人) at 07:25| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする