2015年06月22日

兵庫のチェック(2015年6月13日)

 知人から突然電話が・・・何でもガス欠になりそうで、現在地の近くのガソリンスタンドの所在のお問い合わせ・・・ご教示したものの過去の記憶で、まだあったかな・・・しばらくすると無事に別のスタンドにたどり着いたと電話が。よかった、よかった。
 そういう私はどうも記事ネタのガス欠か?なので知人の記事のお題をパクらせていただきましょう。(笑)
 
 ヒョウモン類♀撮影のあと、時期遅しとは思うものの、行き掛けの駄賃で、兵庫県南部のキマリンのチェックをしてまいりました。

150613_106.jpgshikiri105.jpg 樹上でテリ争いしている2頭を発見!うち1頭が押し出されて、近くの下草に降りてきました。まずは証拠画像を押さえ、近付くとアララァ〜(悲)。でも、すぐ後に近くの下草に戻ってきました。

150613_26.jpgshikiri105.jpg やがて、撮影にはもってこいの位置でテリ開翅してくれましたが、予想どおり時期遅れ。色褪せてる・・・もう少し新鮮ならば、瑠璃色の発色が綺麗なのに。でも、尾突四白なので大切に撮りました。

 京都と兵庫、同時に2ヶ所でテリタイムに撮影はできませんしね、また来シーズンのお楽しみにいたしましょう。
posted by kenken(管理人) at 11:00| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

♀を撮る(2015年6月13日)

 この日は♀狙いの撮影に・・・

150614_1215.jpgshikiri105.jpg 当ブログは、猫ブログでもございまして、まずは、最近、画像がご無沙汰している「ふみ」号から。♀の三毛猫でございますよ。窓際の箱に入るのが好きで、まさに「箱入り娘」でございます。(笑)

 遠征先は兵庫県、お天気良過ぎたこの日、気温が高過ぎて・・・

150613_07.jpgsikiri160.jpg150613_09.jpgsikiri160.jpg ヒョウモン類は吸蜜もせずにお休みモード・・・そんななか、ようやくお目当ての♀に出逢えました。ウラギンスジヒョウモン♀、この不規則っぽい「豹紋」らしい柄がなんとも好みなんですわ。翅裏と翅表の2ショットをUPしておきましょう。

150613_072.jpgshikiri105.jpg 午後になって雲が出てくると吸蜜するヒョウモン類が・・・メスグロヒョウモン♀!この時期に♀に出逢うのは何年ぶりやろ・・・新鮮な個体は、ハッとする美しさがありますなぁ〜えぇもんです。

140913_10.jpgshikiri105.jpg←ちなみに、これは比較参考画像で、昨2014年9月に愛知県で撮影した個体です。一夏超えると、独特の光沢はなくなって、綺麗なことは綺麗なんですが、ハッとしないんですわ・・・

 雲も出てきたことやし、そろそろ仕上げにキマリン狙いに・・・
posted by kenken(管理人) at 21:52| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

そうだ、京都、戻ろう!(2015年6月7日)

 「ウラナミジャノメ、満眼成就するまでとことん粘ったろ・・・」と愛知県まで出撃しておったのですが、いきなり初球で満眼成就し、2球目も。その後、気温が高過ぎて茂みに隠れているのか、発生初期のせいなのか、広範囲に探索しても追加がありません。時計を見ると、まだ11:00。「よっしゃ、同日に、満眼成就と尾突四白ねらったれ」とクイックで京都戻りでございます。

◆まだ13:00、キマリンのテリには早過ぎるので、まずは吸蜜個体探しでございます。これまで吸蜜タイムに来たことなかったけど、ここ、絶対おるはず・・・

150607_075.jpgshikiri105.jpg と思っていた場所で見事に発見!ヒメジョン吸蜜の撮影、久しぶりでございます。風による尾状突起のたなびきに注意しなから、尾突四白(4本の尾状突起の先の白ですよ)、気合いを入れて表現しました。

150607_081.jpgshikiri105.jpg キマリンの場合、できれば左右両翅裏を記録しておきたいもんです。回り込んで反対側から。この個体は、ほとんど左右対称ですね。これは「記録写真」なので、若干、背景がごちゃつき気味・・・(笑)

◆その後、テリポイントへ移動でございます。最盛期の感じで、息を飲むようなピカピカの個体には出逢えませんでしたが・・・

150607_1026.jpgshikiri105.jpg キマクロさんに出逢えました。しかも、短尾で耽美!漆黒の翅表、ピカピカならもっと綺麗なのでしょうが、それはまた来シーズン以降のお楽しみに。(今シーズンより導入のRICOHのコンデジGRでの撮影)

150607_1021.jpgshikiri105.jpg ホンマにキマクロ(キマダラ「ルリ」ツバメなるも、瑠璃色の部分がない)かいな?♀やから瑠璃色の部分がないんとちゃうの?ってな声も聞こえてきそうですが、きちんと翅裏も記録してありまして、♂でございます。

◆その後、別ポイントに移動したところ、運良く、求愛から交尾に至るまでの生態を間近で観察/記録することができました。

150607_211.jpgsikiri160.jpg 詳細は、きちんと紙媒体に記録/報告しようと思いますが、交尾完成後の写真のみ1枚しておきましょう。♂♀共に尾突四白で、文字通り千載一遇のチャンス!風があって難儀しましたが、なんとか合計8本の尾状突起の先端の白を全て表現できました。尾突八白?いや、これは、画竜点睛!と言ったほうがぴったりでございましょう。

 この日は、クロミドリシジミ→ウラナミジャノメ→キマダラリルツバメと移動し、屈指の成果が上がった1日で、よろしゅうございました。
posted by kenken(管理人) at 09:30| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

続・そうだ、愛知、行こう!(2015年6月7日)

 クロミドリが樹上へ消えた後、少し東へ走ってウラナミジャノメの生息地へ。この界隈、昨秋に6時間も探索したので、地形は熟知しております。

150607_023.jpgshikiri105.jpg 探索開始直後、ウラナミらしき蝶影を見つけたのでファインダー越しに300mmレンズで覗いてみると・・・どんなもんです!初球で「満眼成就」。まずはそのまま証拠写真としてゲットしたのがこれ。

150607_022.jpgsikiri160.jpg 上の証拠写真撮影後、回り込んで撮影しようとしたところ飛ばれてしまいましたが、ひたすら追いかけて左翅裏の証拠写真を撮ったのがこれ。昨秋の個体を凌ぐえぇお顔でございます。茂みの中を飛ぶので、なかなかフラットなカメラアングルから撮れません。若干絞って100mmマクロでF6.3での記録写真でございます。

 その後、探索継続し、出逢ったウラナミジャノメは合計2頭のみなるも、いずれも「満願成就」。「発生初期は目玉が多い」なんて、とてもホンマとは思えませんが、逆に、否定する根拠も見つからん・・・ひょっとしてホンマなのか?

150607_058.jpgshikiri105.jpg 気温も高くよく飛ぶので、なかなか苦労しましたが、過剰紋を含めてマイ好みの「翅表と翅裏を同時に」も無事に撮れました。やがて2頭共に茂みの中へと消えて追跡不能に・・・時計を見るとまだ11:00。

 これから京都へ戻れば、「尾突四白」間に合うな・・・
posted by kenken(管理人) at 23:15| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

そうだ、愛知、行こう!(2015年6月7日)

 名神高速が6/8〜6/20の間はリフレッシュ工事とな・・・
 なので、工事で渋滞するまでに愛知県に行っておこうと出かけてきました。

150607_928.jpgshikiri105.jpg 愛知県のクロミドリシジミ、今シーズンは、発生時期が早めで、やや不作と伝え聞いており・・・う〜ん、降りてきたのは1♀のみ・・・背景は発生しているクヌギ林。朝陽が差し込んで開翅するのを待ちます。

150607_022.jpgshikiri105.jpg 朝陽が差し込むも、なかなか開翅しませんでしたが、ようやく開きました!しかし、30秒程開いて樹上に飛び去るというパターンで、真横からのこんな「証拠写真」を確保するのが精一杯でした。

 クロミが樹上へ飛び去ると、もうこの地では撮影するものがありません。時刻はまだ7:00を回ったばかり・・・どないするんや・・・ご心配には及びません。実は、クロミは「行きがけの駄賃」で、本当の狙いは、更に東へ走ってのウラナミジャノメの「満眼成就」でございます。なんでも、「発生初期は目玉が多い」とか・・・ホンマかいな?【続く】
posted by kenken(管理人) at 22:07| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

逆光下での表現に悩む

150530_086.jpgshikiri105.jpg 断崖絶壁に自生するクロウメモドキ。食樹と一緒に撮影すると蝶の美しさが増すと感じるのは私の勝手な思い込み。逆光下で、蝶も食樹も背景の青空も・・・全てを綺麗に表現しようというのは欲張り?

 とは言うものの、なんとか良い雰囲気が出たのではないかな・・・
 産卵の合間にクロウメモドキの葉上で休息し、翅の摺り合わせ行動を行うベニモンカラスシジミ♀。(撮影:2015年5月30日 静岡県)
posted by kenken(管理人) at 09:30| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする