2014年08月31日

ジャノメには深い趣がありますなぁ(2014年7月19日)

 1ヶ月ほど前の活動記事ですんません・・・お休みはフィールドに出て、平日はお陰様でお仕事が超多忙で・・・なかなかブログ更新に手が回りません。本日(8/31)は完全休養日でございます。

 さて、7月19日、早朝に京都府南部でクロヒカゲモドキを撮っておりましたが、
140719_24K.JPGshikiri105.jpg その探索途上、ヒメジャノメに心惹かれました。最近、本種には深い趣を感じるようになりましてね、特に夏型はいいねぇ〜普通種と言っても侮れません。心を込めて翅裏のジャノメを表現いたしました。

 そして、この日のメインターゲットは、滋賀県の年1化のウラナミジャノメ。

140719_50.JPGsikiri160.jpg まだ生息してるんやろな・・・久々に訪れて探索かけてみたら、おりました、おりました。初手からゆとりの「縦位置画像」でまいりましょう。当地のウラナミジャノメはこういうシダ類に静止するシーンが多いです。植生の雰囲気から、蝶類はあまりいそうにない感じですよね。この個体、後翅裏2個の眼状紋が互いに接していますね。

140719_30.JPGshikiri105.jpg 上と同一シーンを広角で撮るとこんな感じ。そう、この環境、ほとんど「蝶」というものがおりません。たまに見かけるとこいつだったりします。画像からは分かりにくいですが、結構な急傾斜地だったりします。

140719_68.JPGshikiri105.jpg この個体、後翅裏2個の眼状紋が分離してますね。枯葉とシダ類・・・殺風景な背景ですが、年1化の生息地では、きっとこんな背景が共通なんだと思います。検証に他地域にも行かなあかんな・・・

140719_59.JPGshikiri105.jpg 珍しく、落葉広葉樹(コナラ)の葉上に静止しました。翅の開閉を繰り返すので、開翅した瞬間を撮っておきましょう。

 本日(8/31)はこれから、京都インセクトフェアに顔を出してまいります。標本の売買には興味がないのですが標本を見るのは好きで、標本を見る目や最近の流行りなんかも感じ取っておこうかと。そして、いろんな方々にお目にかかってお話しできるのが最大の楽しみだったりします。
posted by kenken(管理人) at 08:22| Comment(13) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする