2014年08月14日

ウラギンヒョウモン2014 in 兵庫

 もう10年以上前のことだったと記憶しておるのですが、母校の蝶類研究会の宴席で、同級生のY岡君から次のような伝言をもらいました。「兵庫県の高原地帯で、7月末、他のウラギンヒョウモンとは動きの違うウラギンヒョウモン(らしき)がいるので注意して見てほしい」
 その後、兵庫県の高原地帯でウラギンヒョウモンを継続観察/撮影しており、少なくとも2頭の異常型を撮影しておりますが、動きは同じでございました。今シーズン、初めて「動きが違う」と感じた個体に出逢いましてね・・・今シーズンの画像をUpしながら、たわ言を述べさせていただきます。

140706_01.JPGshikiri105.jpg2014年7月6日:最もノーマルな感じのウラギンヒョウモン♂でございます。アザミでの吸蜜、花と蝶、両者が新鮮な組み合わせを綺麗に表現しようとすると、なかなか手強いんですわ。こんな感じで撮れました。

140706_16.JPGshikiri105.jpg2014年7月6日:こいつもノーマルなウラギンヒョウモン♂なんですが、上の個体に比べると黒い部分が少な目で、あっさりしたお顔でございます。まあ、個体変異の範囲内でございましょう。

140712_48.JPGshikiri105.jpg2014年7月12日:この日は、前述のとおり、早朝に京都府南部のクロヒカゲモドキを撮影した後、ウスイロヒョウモンモドキ狙いで兵庫県に転戦いたしました。ウスイロそっちのけで撮ったのがこのウラギンヒョウモンの交尾シーン。交尾中の飛翔形式は←♂+♀で、結構飛び回りましたが、♀はまったく動きませんでしたね。

140712_86.JPGshikiri105.jpg2014年7月12日:ヒョウモン類はやっぱり♀ですなぁ〜オカトラノオでの吸蜜シーンを上手く表現できました。オオウラギンヒョウモン♀に勝るとも劣らぬ美しさであると思います。大画像でのUpでございますよ。

140721_12.JPGsikiri160.jpg140721_22.JPGshikiri105.jpg2014年7月21日:他のウラギンヒョウモンとは「動きが違う」と感じた個体がこいつでございます。翅裏も撮影/確認しておりまして、ウラギンヒョウモン♀で間違いないのですが、地色も濃いし、黒い部分が多いような・・・「クロウラギンヒョウモン」とでも呼んでおきましょうか。

 本件、さっそく画像添付してY岡君にメール送付したのですが、今のところ返信が・・・う〜ん、メアドが古かったのかも・・・もし、この記事ご覧でしたら、メールかコメントお待ちしておりますよん。
posted by kenken(管理人) at 20:00| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする