2014年05月07日

「初球」が大切

 妻な人を糸魚川駅で見送った後、車中泊して翌5月4日は、白馬でギフチョウさんの撮影でございます。過去、イエローバンドに首尾よく遭遇、撮影できた日は、「初球」がことごとくイエローバンドでした。「初球」が大切なんですが・・・

140504_29.jpgsikiri.jpg 残念ながらこの日の「初球」はノーマル。しかしながら、2年ぶりの白馬ギフ、300mmISの性能チェックを兼ねて、日光浴シーンを丁ねいに撮影しました。

140504_14.JPG 今回は、スミレ吸蜜での撮り方をいろいろ試してみました。カタクリに比べて花丈が低いので2本の尾状突起をいかに綺麗に表現するかがポイントです。「初球」とは違うプチ赤上がりの個体ですね。

140504_18.jpgsikiri.jpg スミレ吸蜜は、カタクリ吸蜜に比べて背景がごちゃついてイヤだと言う方もおられますが、逆に私は早春の雰囲気が表せて良いのではと思います。どうですか?スミレの絨毯。

140504_22.JPG 今回のスミレ吸蜜シリーズの中で、もっともお気に入りの絵がコレ。大き目の画像でUPいたしましょう。落ち葉のじゅうたんのおかげで、尾状突起がいい感じでクローズアップされました。

140504_27.jpgsikiri.jpg シジミチョウ科の蝶の開翅シーンを撮影する際によくやるのですが、スミレ吸蜜時に片翅をフラットに撮ってみました。被写体が綺麗だと、どう撮ってもえぇもんです。

140504_28.JPG バンド確認のため、ついカメラを向けて撮ってしまった「思いっきりベタな絵」。白馬ではこんなシーンにもお目にかかれますが、園芸種にギフチョウは似合いませんなぁ〜バンドでなくて良かった?(涙/笑)

 この日、バンドは目撃のみで撮れませんでしたが、翌5日はお天気ハマリとの天気予報を聞いて撤収することにいたしました。ですが、前日とこの日で多くの撮影仲間にご挨拶できて大変嬉しゅうございました。皆さん、またお目にかかれますこと、楽しみにいたしております。
 3日間の走行距離1,024km。私はもう元気で大丈夫だぁ〜
posted by kenken(管理人) at 23:37| Comment(15) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする