2013年10月26日

「シオリ」号の命日&最近の「ふみ」号(2013年10月26日)

 台風はなんとか通り過ぎたようですが、朝のうちは少し風があって荒れたお天気、本日は撮影には出かけず完全休養・・・というか、初代家族猫「シオリ」号の命日(4回忌)なので墓参りに参上です。

131026 在りし日の「シオリ」号、撮影日付は1997年7月23日になってますな。当時のフィルムカメラの写真をスキャナで取り込みました。♀のサビ猫、外見からはなかなか取っ付きにくい感じがしますが、サビ猫は一度飼ったらその良さが分かり、やみつきになりますよ。

 ↓こちらは、2代目の家族猫「ふみ」号でございます。妻な人が、サビか三毛かで探しておりましたところ、保護猫ブログでご縁があって我が家にやってまいりました。

 まだまだ先代の「シオリ」姉のように大人な猫にはなれませんが、毛づくろいは入念になさいます。
posted by kenken(管理人) at 09:45| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

勤務先での「忙中の閑」

 先日、勤務先のメールアドレスに同僚から次のような画像付きメールが来ました。
----
 (kenkenの本名)様
 ××部/△△課の○○です。
 蝶(?)の写真を送付します。

 毎年「ある時期」になると、約1週間ほどの間でしょうか、ある特定の木に20〜30匹ほどの群れが舞い飛ぶ状況です。(その木から離れないですね)
 今回写真を撮るまでは、いつ頃舞い飛ぶのか?その「ある時期」が分からなかったのですが、今回の撮影日が10月2日でしたので、おそらく毎年9月下旬から10月上旬にかけての乱舞だったんだろうと思います。
 触角が太いから蛾かな?と思ったのですが、以前、蝶について伺った際、確か「触角が太いからといって、必ずしも蛾ではない」とおっしゃっていたと思いますが、今回のヤツはどうでしょうか?

 お忙しい中すいませんが「忙中の閑」という事で・・。
 何か珍しいヤツだったら面白いですが。

131021131021

----
 で、丁重に以下のとおり返信いたしました。
----
○○様
 □□部◇◇課・(kenkenの本名)です。
 メール有り難うございます。昼休みの気分転換に返信です。

 写真送付いただいたのは「ウスバツバメガ」という昼間に活動するマダラガ科に属する蛾です。

 幼虫は桜や梅などのバラ科植物の害虫で、稀にエノキにつくこともあります。おそらく群れ飛んでいた特定の木は、上記のいずれかでしょう。この種類の蛾は、9月下旬〜10月上旬にまとまって発生します。キンモクセイの花の香りする頃に飛ぶと覚えておけば忘れないでしょう。

 それにしても飛翔中の姿を上手に撮影されていますね。恐れ入りました。
 お仕事柄、またこのような目撃情報ありましたらご一報ください。

----
 私の蝶好きは、勤務先では結構知れ渡っているような・・・(笑)
posted by kenken(管理人) at 21:50| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

「京都の蝶 U」写真展のご案内

131022 管理人もファンであります松山さんから蝶の写真展の案内が届きました。いつも地道に活動されています。皆さん、是非、訪れてあげてください。私は、初日に一瞬、仕事をナニしてのぞきにいこうかと。

◆ファイナル ネイチャー・フォト 第10回「京都の蝶 U」
 松山 均 −里山・北山に舞う蝶たち−

●日時 2013年10月22日(火)〜10月27日(日)
 AM.11:00〜 PM.6:00(最終日はPM.5:00まで)

●会場 ギャリエ ヤマシタ 1号館2F(アート&フレーム ヤマシタ5軒北)
 京都市中京区寺町通三条上ル天性寺前町537
posted by kenken(管理人) at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

今シーズン初の撮影遠征3(2013年10月14日)

 徳島遠征シリーズの最終回でございます。
 2日目の午後は、帰路につきながら迷蝶さんの溜まりそうな海岸線沿いを車で流してみました。
 すると何やら前をよぎりました。一瞬、ゴマダラチョウかと思いましたが、時期が違いますね。

131014 慌てて車を止めて探索してみると、昼行性のマダラガ科の美麗種、サツマニシキでした。正面から撮りたかったのですが・・・逃げられてしまいました。
 サツマニシキにはこの季節、時々出逢いますが、なかなか良い写真が撮れませんね。

131014 ちなみに前回の出逢いは、昨2012年10月27日、三重県南伊勢町でサツマシジミを探索しているときでした。当時も逃げられてしまい、こんな証拠写真だけでしたわ。いずれ綺麗な写真を撮りたいもんです。

131014 結局、この日、出逢えた迷蝶さんはクロマダラソテツシジミのみでした。午前中に卵を確認していたソテツを再訪してみると、ちゃんと成虫♀がとまっておりました。青い部分が大きな低温期型っぽい個体ですね。徳島県下では初記録か!なんて同行していたRさんと色めき立っておりましたが、帰宅後調べてみると過去に真面目に報告されておりました。

 遠征のフィナーレ、陽も傾きかけた頃、阿南市那賀川の堤防でシルビアシジミなんか探索してみましたが・・・

131014 ここに地名や河川名や環境写真が出てくるということは、ふ○み○さんのHPではありませんが、ご想像どおりの結果で・・・シルビアシジミ、吉野川水系以外では、なかなか厳しいものがありますね。

 体調回復し、今は、撮影成果よりもフィールドに出られること自体が嬉しい管理人でございました。
posted by kenken(管理人) at 17:10| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

今シーズン初の撮影遠征2(2013年10月14日)

 徳島遠征、初日はお天気良すぎました。シルビアシジミをまともに撮影できたのは、午前中早めと夕暮れ前。残りの時間帯はひたすら飛翔する姿を追いかけておりました。天気予報を聞くと、2日目も良すぎるお天気・・・ならば思い切ってヒネリを入れて、今シーズン各地で好調と伝え聞いているルーミスシジミを徳島県で狙ってみることにしました。

131014 初めて訪れた某有名生息地・・・なるほどこんな環境なんや・・・探索を始めるとムラサキシジミばかり目撃しますが、お天気も雰囲気もえぇ感じです。

131014 遠くの岩上にとまったこいつ、ちょっとムラサキとは違うぞと300mm望遠レンズでのぞいてみると・・・うん?AB型とな、ミドリシジミ♀?いや違う、うをっと、こいつヒサマツミドリシジミ♀やんかっ!実は、野外でヒサマツ♀にカメラを向けるのは初めて、いきなり思いっきりヒートアップでございます。

131014 うをっ、良く見てみると、すぐ傍にもう1頭おるやんか!スレ個体とは言えどヒサマツ♀の開翅、心を込めて撮影、私好みの「翅表と翅裏を同時に」の1枚です。こちらの個体はA斑が2つ、後翅裏面「ヒサマツの証明」のV字が涙ちょちょぎれます。

131014 ヒサマツを追いかけているうちに気温が上がり、開翅シーンは見られなくなり、やがて吸水シーンが見られるようになりました。延々と吸水しているので100mmマクロレンズでV字をじっくり接写でございます。

 ヒサマツにヒートアップしておりましたが、ふと我に返りました。探索してるのルーミスやんか・・・吸水中のヒサマツに別れを告げてルーミス探索再開です。

131014 どんなもんです!目視で発見でございます。ルーミスらしく体色に似た枯れた部分がある、少してかった葉上に静止しておりますね。う〜ん、しかしヒサマツにヒートアップしているうちに気温が上がっており、開翅シーンは披露してくれませんでした。(涙)まあ今回は初訪問地なので証拠写真でよしとしましょう。
 帰るにはまだ早いですね。せっかく徳島まで来たのですから、午後はもうひとヒネリ入れて、迷蝶探索とシルビア新産地探索と洒落込んでみましょう。【続く】
posted by kenken(管理人) at 20:45| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

今シーズン初の撮影遠征1(2013年10月13日)

 体調も完全回復し、先日のウラナミジャノメ撮影からフィールド活動再開しております。蝶撮影の成果はさておき、元気でフィールドに出れること自体が何より嬉しい・・・そんな謙虚な気持ちでフィールドに出ると思わぬ成果があるんとちゃうか・・・なんておおいに妄想を抱いて、遅ればせながら今シーズン初の撮影遠征に徳島県まで1泊2日で出かけてまいりました。
 メインのターゲットは吉野川水系のシルビアシジミ。

131013 シジミチョウに100mmマクロレンズを向けるのは本当に久しぶりですわ。レンズのワーキングディスタンスを確認しながら、まずは翅裏をフラットに1枚。

131013 妄想に出逢えました。吉野川水系特有のシルビアシジミ白化型。5年前にも出逢っておりますが、当時の個体は5段階で言えば白化度3〜4くらいでしたが、今回の個体は白化度5でしょう。翅裏亜外縁のクサビ型紋が完全に白く消失しています。まずは証拠写真の撮影です

131013 少しスレていて縁毛がそろっていませんが、レベル5の白化型をきちんと表現しておきましょう。おとなしい♀でしたのですばやくリングストロボを装着してハイスピードシンクロでていねいに撮影しておきました。

131013 快晴で気温が高く、飛翔継続してなかなかとまってくれませんが、ようやくミヤコグサに静止してくれました。やはり蝶には食草が似合いますね。2頭いるのが分かりますかな。

131013131013 夕刻になって気温が下がり、開翅シーンも撮ることができました。夕陽の中での同一個体画像です。右が、言うまでもなく、私好みの「翅表と翅裏を同時に表現」の1枚。

 結局この日は、7時間近くのフィールドワークの後、徳島県美波町まで移動して民宿泊です。翌日の天気も快晴の予報でした。ならば、シルビアばかりでは味気ないので、2日目はちょっとヒネリを入れてみることにしました♪【続く】
posted by kenken(管理人) at 20:45| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

ブラックスワン!?

 ひとつ前の記事で書いた拙宅近くの高野川、台風後、通常の少ない水量の清流に戻っております。その様子を見ていると、見慣れぬ鳥を発見!慌てて手持ちのコンデジで証拠写真を撮影したのがコレ。

131005 こいつ、某保険会社のTV−CMに登場するブラックスワンではっ!?保険を見直せということなのか・・・(笑)あっ、私、某保険会社の回し者ではございませんので、念のため。

 さて、先週末の土曜日に「ふみ」号の2度目の健診に行ってまいりました。

131005 動物病院の待合室、キャリーの中で緊張した面持ちの「ふみ」号。

131005 耳の中も獣医さんは入念に見てくれました。体重は2.55Kg、検便も異常なしで安心です。

 動物病院での写真だけでは気の毒なので、一眼デジカメで真面目に「ふみ」号を撮ってみました。

130929f ご飯はまだかニャぁと妻な人を見上げるシーン。もう子猫の域は超えていますが、大人ではないので中猫といったところです。三毛猫には、どんな柄の首輪が似合うのかなぁ〜

130929f 窓際のテレビ台の上に静止して外を眺めるシーン。三毛の入り具合ですが、白:茶:黒の比率が4:3:3といったところでしょうか。口元の茶色のアクセントが見えますね。

posted by kenken(管理人) at 19:45| Comment(12) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする