2013年08月19日

クロヒカゲモドキ撮影の3重苦&「ふみ」近況

 久々に蝶の話題をUPしましょう。先日、「ふみ」が我が家にやってきた際に You tube 動画UPにデビューした管理人であります。味をしめて昔のファイルの中から蝶の動画を探してみましたら、ありましたね。
 題して、「クロヒカゲモドキ開翅待ち心中」、例によって、開翅を待ったものの、開かなかった際の画像です。
 クロヒカゲモドキ撮影の3重苦とは・・・
 @暗さによる露出不足 A藪蚊の襲撃 B蜘蛛の巣
 特に、撮影環境の暗さによる露出不足には大いに悩まされます。ストロボを焚けば対応できるものの、実際の色を表現するにはやはり自然光が最善で、このあたりは、皆さんのブログ画像を拝見していても同様に感じております。
 下の動画は、早朝にクロヒカゲモドキ♂を発見し、1時間ほど開翅を待った際のほんの一部(31秒間)です。ピクッ、ピクッっと翅を脈動させて、いかにも開きそうですやろ・・・当時、待ち時間に「このカメラも動画撮影できるハズやけど、どうするんやろ?」と動画撮影機能を試してみました。
 遠くに聞こえる鳥の声が里山の早朝の雰囲気を醸し出しています。(音声を聞き取り易いように、いつものBGMは、しばらくオフにしておきますね)三脚を立ててISO感度を上げると自然光でも1/100くらいのシャッタースピードを確保でき手振れには対応できるのですが、ご覧のとおり、クロヒカゲモドキさんは風のとおる涼しい場所がお好みのようで、風による被写体ブレに悩まされるんですわ。動画の終わりには、マイクが風の音を拾っている雑音も入っておりますな。
 


 さて、話題を変えて「猫」関連です。本ブログ右側に猫関連のお気に入りブログ欄を追加しました。現在、3つです。猫好きの方は、是非、ご覧ください。fukikoさんの「猫と過ごす、こんな一日」は、「ふみ」の保護主さんのブログで、相互リンクいたしております。
 最後に、「ふみ」の近況写真、蝶撮影の活動再開に向け、撮影勘を取り戻すために一眼デジカメの60mmマクロで気合を入れて撮った画像をUPしますね。左の口元にポツっと茶色の模様がえくぼのように入っているのが管理人の好みなんですわ。

130818 139818

 次回は、管理人がまだ体調不良であった6月に、本年唯一蝶撮影に出かけた際の画像をUPしましょう。
posted by kenken(管理人) at 18:18| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする