2012年12月21日

今年の未公開画像から(その3)

 引き続き、今シーズン中の未公開画像から蔵出しです。今回は、「ヒロオビミドリシジミ(兵庫県6月)編」でございます。
 中学生の頃、「初めて採りに行ったZephyrus」がヒロオビでした。そして、昨2011年からヒロオビを「撮り」始めました。デジカメとブログの普及による撮影仲間の情報共有で、Favonius属のZephyrus開翅シーンの撮影技術は確立されたと言っても過言ではないでしょう。

121221 一定の手順を尽して開翅シーンを待つと、気象条件さえ揃えば、このように撮影し易い位置で見事に開翅してくれます。

121221 ヒロオビは、他のFavoniusと少し違う、やや黄緑っぽい光沢を放ちますが・・・う〜ん、この写真ではエゾ、ハヤシ、ジョウザなんかと変わらんな・・・(笑)

121221 開翅するまでに翅裏もきちんと描写しておきました。「ヒロオビ」らしい白帯ですね。朝露に口吻を伸ばしておりました。

121221 でもね、やっぱり私は、この「ヒロオビとはっきり分かる」翅表と翅裏を同時に写し込んだ写真が最も好みですわ。
posted by kenken(管理人) at 19:49| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする