2012年12月09日

斜め45度・・・AFピント調整

 今年の春からマクロ撮影のメイン機をCANON EOS 60Dに更新したのですが、どうもしっくりきておりませんでした。実は、AFが後ピン(狙った位置より後ろに合焦する)傾向だったんですわ。

121209 例えば、このミヤマカラスシジミの画像、もっと翅裏の鱗粉がくっきり見えるハズなんですが、狙ったところにピントが合っておりません。(撮影:2012年7月 滋賀県)

 EOS 50DやEOS 7Dには、AF微調整機能が標準装備されていて、自分でAF微調整できるのですが、EOS 60Dはスペックダウンしていてこの機能がなく(まあ、価格もダウンしているので、しゃあないのですが)、調整はサービス店に持ち込まねばなりません。調整には約2週間かかるとのことで、シーズン中は後ピンを認識しながら撮影し、シーズンオフになって調整に出しました。

121209 「ピント精度をできる限り調整いたしました。その他、各部点検・清掃をいたしました。」とのこと、保証期間内で、全て無償でよろしゅうございました。

 AF調整の効果確認のために、調整前後で、ピントチェックシートを撮り比べてみました。斜め45度ぐらいの角度で見下ろすようにカメラを設置し、ピントチェックシートの中央部にAF測距点を合わせて撮影します。(ピントチェックシートとその使い方は、「あにょのブログ」様を参照させていただきました。有り難うございます。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。<あにょ様)

121209121209 うんうん、左が調整前、右が調整後の画像で、AF調整効果が一目瞭然ですね。来シーズンは、もっとピンの決まった画像をご紹介できそうで、楽しみでございます。

 ところで、「斜め45度・・・」とくれば、正月恒例の行事が思い浮かび、正月が待ち遠しゅうございます。1つ前の記事で年賀状画像を記事にしたところ「第4極」への「投票」が多く、年賀状の画像も「第4極」を元に作成させていただきました。
posted by kenken(管理人) at 20:15| Comment(8) | カメラ&撮影法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする