2012年10月28日

サツマシジミ開翅考(2012年10月27日)

 サツマシジミ新鮮♂の開翅、撮影できそうで、できません・・・サツマの気持ちが♪読み切れないもどかしさ♪だからときめくの♪・・・撮影意欲がそそられます。今シーズン最後のチャンスかもしれません、三重県再訪でございます。♀には目もくれず、ひたすら♂を追いかけてみました。

121027  ♂を追いかけて薮こぎしていると草陰のツルで開翅・・・証拠写真確保後、近づこうとすると逃げられてしまいました。(涙)日影では開きませんね。開翅する時間帯には、かなり敏感です。すぐに飛んでしまいます。

121027121027 ようやく千載一遇のチャンス到来!木漏れ日の射しこむ葉上で、じわじわ開いてくれました。背景がごちゃごちゃしていますが、贅沢は言えません。

121027 新鮮♂、ここまで開いてくれました。縁毛の揃い具合がよろしおすなぁ〜この明るいブルーは、フェルメール・ブルーに勝るとも劣らない美しさではないでしょうか。お気に入り画像なので、ノートリの大画像でUPです。

 しばらくすると、雨がぱらついてきたので撤収しました。ところが、帰路についてしばらくすると雲に切れ間が見えてきたので、午後は別ポイントに立ち寄ってみました。

121027121027 新鮮♀の開翅、♂に比べると撮影は容易です。珍しく、石の上に静止しました。アカトンボなんかがよぎって、秋らしさを醸し出しています。

121027 新鮮♀、前回の撮影行と同様に、ここまで開いてくれました。背景がこんな色の岩だと露出設定が難しいです。まだまだ修行が足りません。ストロボ、焚いたほうがよかったのかなぁ〜

121027 この日は、気温が低めだったので、午後になっても♂が開いてくれました。それにしても、♂はナゼこんなに撮影しづらいところで開くのか・・・サツマシジミに尋ね続けるしかありませんな。
posted by kenken(管理人) at 20:05| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

三回忌(2012年10月26日)

 本日、墓参りに行ってまいりました。もう2年になるんですわ。在りし日のシオリ号を偲んで、何枚かUPしておきましょう。

121026 テレビの前の按摩機、一番良いところをよく占領しておりましたな。

121026 かと思いきや、ソファーのクッションを独り占めして仕事しておりました。仕事というのは、寝ることなんですが・・・

121026 荷物が届いたりして開梱作業していると寄ってきて、必ず箱に入りましたね。これは猫の本能?「目力」のある猫でした。

 3回忌も過ぎたので、そろそろ新しい家族を・・・てなことをちらっと考え始めました。
posted by kenken(管理人) at 19:36| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

なんとか撮影に(2012年10月20日)

 フィジカル面、メンタル面の両方が不調のようですわ・・・思うように活動できません。原因不明で難儀しています。主たる症状は耳鳴り、なんとかしてくれぇ〜!・・・最近、仕事はおろか、蝶活動にも出かけられなくなり・・・そうこうしているうちに、シルビアシジミ青♀の季節が過ぎてしまったような。
 このままだと、どこへも行けんようになるんちゃうか・・・で、先週末、とにかく何でもえぇので撮影遠征しようと、三重県まで力を振り絞って行ってみました。いつもなら、ひょいひょいと出かける距離なんですが・・・
・・・って、記事を書いてるうちにも疲れてきました。短い記事で画像UPしておきますね。

121020121020

121020121020

121020 分かったこと・・・サツマシジミ、♀の開翅撮影は容易。♂の開翅撮影は困難。開翅角度の大きさは、気温の高さと個体の鮮度に反比例。新鮮な♂の90度超の開翅シーンを撮りたい。
posted by kenken(管理人) at 21:04| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

無題ぢゃ

ここのところ、体調不調でブログ更新が・・・
生きている証に無題で更新でございます。
nomusanさんとまったく同じような経験がありました・・・
私も「大人1枚」とか言ってチケット購入したような・・・合掌
posted by kenken(管理人) at 22:53| Comment(12) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

プロジェクト・ブルー(2012年10月7日)

 紀伊半島を探索すると、大量のミヤコグサにはお目にかかれるものの、シルビアシジミには簡単にはお目にかかれません。撮影には不向きですわ。この日は、ちょっと気分転換に、兵庫県のオーソドックスな産地を訪れてみました。題して「プロジェクト・ブルー」、狙いは、もちろん、この季節特有の青鱗の乗ったシルビアシジミ♀の美しい翅表でございます。

121007121007 とは言うものの、♂のブルーの翅表も押さえておきましょう。翅のすり合わせ行動から開翅まで、システマティックに撮影でございます。うん、被写体の後ろや写真のはしっこにミヤコグサが写り込んで、なんとも雰囲気の出た写真でお気に入りでございます。

121007121007 その後、♂はパスして、♀の探索です。この♀の翅表は、さほど青くなかったのですが、この地域特有の「濃いお顔」の翅裏でしたので、左右の翅裏を雰囲気の異なる背景で撮っておきました。

121007121007 んっ!吸蜜中に開翅している♀を発見、この翅表は青いですね。ひたすら追いかけて開翅シーンを狙いました。ヨモギの葉上で開いてくれました。青くて、とてもよろしゅうございます。

121007 こいつは、また別の♀です。上の個体と勝るとも劣らず青くて美しい・・・青♀、2頭も撮影できればプロジェクト・ブルー完遂と言って良いでしょう。夕食は妻な人と・・・ちゃっちゃと帰路につきました。

121007121007 帰りがけ、道草した生息地の♀も青鱗がよく乗っておりました。お天気が思いのほか良くなってしまい、これ以上の角度までは開いてくれませんでしたわ。

121007 広角写真も1枚入れておきますね。キツネノマゴで吸蜜する♀と青空に秋らしい雲、お気に入りの1枚でございます。大画像にしておきますね。

 ところで、1つ前の記事で、音声の自動読み込み&再生の設定を外しておりましたが、読者の方のご希望により、復活することにいたしました。WindowsのOSで拙ブログご覧になる方は、音声が出るとまずい場合は、「音声ミュート」にしてからご訪問くださいね。
 せっかくですので音声を本記事限りの新しいものに変えておきましょう。本記事の題名にぴったりの音声だと勝手に思い込んでいるものなのですが・・・
posted by kenken(管理人) at 21:21| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

DINU LIPATTI(2012年10月3日)

 そう、このブログ、WindowsのOSで開けるとwmaファイルが自動で読みこまれて音が出ます。
「『kenkenさんのブログは音楽が鳴るので、職場でうっかり覗けない』という方がおられた」とのコメントをいただいたので、しばらく自動では音が出ないようにしておきましょう。
 代わりに、意識してクリックすると音が出る記事を書いておきますね。
------
121003 本日、仕事で和歌山に出張に行っておりました。帰りがけ、電車の乗り継ぎに際して、街中のCD屋さんにふらっと立ち寄ったところ、こんなものを見つけ、思わず買ってしまいました。名演奏が、24bitで最新リマスタリングされていたんですね。
 33歳という若さでの早世がいまだに惜しまれるリパッティ。完全主義者と伝えられる彼の正規のスタジオでの録音は極少で、この名曲がリパッティによって残されたのは幸運でした。
 お気づきでしょうが、こんな場面あんな場面のBGMでありました。(nomusanさん、記事を一部パクってしまいました。ご容赦ください。)
posted by kenken(管理人) at 22:07| Comment(20) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする