2012年06月12日

ヒロオビミドリシジミ(2012年6月10日)

 ヒロオビミドリシジミ。中学生の頃、初めて採集に出かけたゼフィルスがこいつでした。なのに、撮影には取り組んでおりませず・・・昨2011年、思い立って、初めて撮影に出かけるも、まともな写真が撮れませず、宿題になっておりました。この日は、満を持して、夜明け前に兵庫県佐用町入りでございます。

◆♂の翅表と翅裏。
120610120610

120610 羽化直の個体かな、新鮮過ぎてヒロオビ独特のFavoniusらしからぬ翅表の金緑色が表現し難いという贅沢な悩みがありました。

◆♀の翅表と翅裏。
120610120610

120610 個体により、翅表に微妙な違いがあり、なんともお洒落です。♂♀合わせて、これだけ撮れれば「卒業」しても良いかな。

◆ウスイロオナガシジミ。
120610 こいつは、ヒロオビ撮影時の副産物でございます。新鮮でした。やがて、陽が高くなり、開翅の時間帯が終了すると、主役たちは樹上へと舞い上っていきました。

 実は、ヒロオビミドリシジミ、来週あたりが適期と考えておりましたが、今シーズンの発生は意外と早かったようです。撮影を終えて時計を見ると、まだ9時ですわ・・・これからどうしよう・・・ウラナミアカシジミ、ヒメヒカゲ、その他いろいろ考えられるのですが・・・【続く】
posted by kenken(管理人) at 00:16| Comment(20) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする