2012年06月03日

オレンジに会いに(2012年6月2日)

 1つ前の記事で「今度は無性にオレンジが見たくなってきた・・・」と書いたら、この日、友人から「週末はクモツキ見に行かれるんですか?」なんてお電話をいただきました。有り難うございます。 「オレンジというのは、実は、クモツキではなくて、ウラナミのことなんですわ。で、今、三重県におります」ってな会話をしておりました。

 キナンウラナミアカシジミ、この蝶をメインに撮影に出かけるのは初めてで、今の私には、クモマツマキチョウよりも会いたいオレンジだったのであります。

120602120602 三重県の海岸沿いのウバメガシを探索しておりますと、最初の1頭を発見です。まずは、証拠写真から。
 最近、同じシーンを縦位置と横位置と両方で撮るようにしております。皆さんは、このシーン、どちらの写真がお好みですか?私には、縦位置ですと奥行きが感じられ、横位置ですと空間の広がりが感じられ、甲乙つけがたいんですが。

120602 曇りで、気温はさほど高くなく、証拠写真撮影後、同一個体が低い位置のネズミモチの花に降りてきてくれました。とは言っても、「吸蜜」ではなくて、単なる「訪花」です。口吻は伸ばしておりません。

120602 コンデジGX-200でも撮っておきました。目の高さくらいのネズミモチ、吸蜜するかなと見守りましたが、そういう時間帯ではなかったようで、やがて花からは飛び去りました。吸蜜シーンの撮影は次回の課題ですなぁ。

 ところで、私、ウラナミアカシジミも(90度くらい)翅を開くことがあるんじゃないかと考えております。と言うのは、アカシジミもずっと翅を開かないと考えていたのですが、「フィールド・ガイド 日本のチョウ」では、見事に翅を開いたアカシジミの写真を見せていただきましたし。

120602 というわけで、(90度くらい)翅を開かないかと、延々と観察しておりましたら、翅の擦り合わせ動作と微妙な開翅を見せてくれました。しかし、ほんの少ししか開きませんなぁ〜あっ、ここまでは1頭目の同一個体を観察・撮影したお話しです。

120602 こいつは、上とは別個体、同じように観察しましたが、ほんの少ししか開きません。う〜ん、(90度くらい)開くとすれば、違う時間帯なのか・・・今後の探索課題にいたしましょう。

120602 この日、最も新鮮だった個体の静止シーン。ウバメガシの葉上に静止したところをその幹と木漏れ日を背景に撮ったら、めちゃくちゃ雰囲気のあるお気に入りの1枚になりました。やはり縁毛のびっしり揃った個体は綺麗ねぇ〜

 次回(来シーズンかな)以降、吸蜜シーンとありえるかもしれない開翅シーンを撮ってみたい「オレンジ」であります。

----【以下、2012年6月4日追記】----------------
120602 「ウバメガシがないとどこがキナンなのかまったく分かりません」ってなコメントをいただいたので、ウラナミアカシジミの原名亜種の写真(撮影:兵庫県佐用町)も掲載しておきますね。
 形態上の違いは黒斑の「密度」で、原名亜種は「疎」で、紀南亜種は「密」の傾向です。

posted by kenken(管理人) at 20:50| Comment(28) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする