2012年05月28日

イボタノキに縁のある蝶たち(2012年5月26日)

 またしても伊勢うどんの買いだしに三重県伊勢地方へ。今回は、買い出しついでに、イボタノキのあるところに立ち寄ってみました。白い花はちょうど良い感じでしたね。

120526 夏型キタテハって、とても妖艶な雰囲気のあるえぇ蝶ですね。特に背景にイボタの白い花を入れるとオレンジが映えます。心を込めて撮影しました。

120526 アサマイチモンジ、こいつも背景にイボタの白い花を入れると、白黒のコントラストが浮かび上がってお洒落です。こいつもまた、心を込めて撮影しました。


120526120526 伊勢地方のウラゴマダラシジミ♀は、その翅表がとっても明るいですね。探索7時間で、開翅シーンはのべ30秒未満・・・そんな撮影でした。

120526 翅裏の写真も載せておきましょう。縁毛びっしりで、その「純白さ」が最高です。やっぱりイボタの白い花が最も似合うのはこの蝶かな。

120526 伊勢うどん、前回のK製麺の「よこずな」(モドキ)じゃなくって、M製麺の「横綱」(純正)にしました。味の違いは分からんかったけど・・・美味かった。マ○キのタレやしね。(笑)

 この日の走行距離304Km。ウラゴマのブルーを見ていたら、今度は無性にオレンジが見たくなってきた・・・
posted by kenken(管理人) at 19:32| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

伊勢うどんの謎(2012年5月19日)

 年に数回、たまらなく伊勢うどんを食べたくなる日があります。なんでやろ・・・伊勢は第二の故郷だから?そんなことないわな・・・謎ぢゃ・・・で、ちょっと三重県まで買い出しに行ってきました。

120519 いつもはM製麺の「横綱」ってパッケージに書いてあるやつなんですが、今回は、K製麺の「横綱」って書いてあるヤツにしてみました。タレはマ○キ食品のです。
 さっそく本日(5月20日)の夕食に2玉いただきましたが、大変美味しゅうございました。

 伊勢うどんの買い出しついでに、ミカドアゲハの生息地にも立ち寄りました。

120519 買い出しついでとか言いながら、実際にミカドアゲハに出会うと、ついつい撮影に力が入ります。それを証拠に、この写真、ちょっ被写体の蝶に近寄り過ぎ(汗)・・・

120519 これも同じく被写体に近づき過ぎ・・・もっと力を抜いて遠めから撮影すると、周囲のミカンの花の雰囲気なんかが表現できて、理想的な絵になるんやけどなぁ・・・

120519 その後、反省しながら延々と待ちぼうけしていると、ようやくミカドアゲハが再吸蜜に訪れました。今度は、反省を込めて、遠めからミカンの花の具合も上手く表現できるように余裕を持って縦位置で撮ってみました。そう、これが狙い通りの構図なんですが、こういう時に限って肝心の蝶の頭部が手前の花に隠れてますな・・・(汗)まだまだ修行が足りず、ミカドアゲハ、「卒業」できません。

 ところで、上の写真の伊勢うどん、「横綱」って漢字の下に「よこずな」ってふりがな?書いてあるけど、ホンマは「よこづな」とちゃうんかい・・・謎ぢゃ・・・めちゃくちゃ気になる・・・
posted by kenken(管理人) at 22:23| Comment(16) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

熟慮断行、臨機応変(2012年5月13日)

 5月11日深夜の天気予報を見て5月13日は白馬詣に決めておりました。高速料金上限が¥1,000でなくなっているので日帰りのお出かけはもったいない・・・で、5月12日、節約も兼ねて中津川ICから一般道を走れば節約できるので、行きがけの駄賃で開田高原に立ち寄ったわけです。
 「熟慮断行」で5月13日は白馬で終日撮影です。午前中、スミレ吸蜜でイエローバンドを狙ってみました。

120513120513 まずは証拠写真の静止画像を押さえておきました。こういう静止シーンでは尾状突起の先端まで綺麗に表現できますね。左写真は背景が単調で面白くありません。右写真は白い岩が妙にコントラストがあって良いアクセントになりました。まいど感じるのですが、イエローバンドをそれらしく撮る・・・これ、ホンマに難しいですわ。まだまだ修行が足りません。

120513120513 吸蜜シーンの撮影に備えて、これと思うスミレの周囲の下草を掃除しておくのですが、そういうスミレには来てきれませんなぁ。で、掃除していないスミレで吸蜜するとこんな感じで、尾状突起の先端まで綺麗に表現できません。また、現地で遭遇した飛翔写真のAさんに敬意を表して、飛翔写真も撮ってみたりして・・・(笑)

 午後になって、「臨機応変」に撮影場所を移動しました。こちらでは、カタクリ吸蜜のイエローバンド狙いです。

120513 こういう雰囲気の絵をイエローバンドで撮りたいのですが、待ち伏せしているカタクリには来てきれませんなぁ〜 あっ、これ、当日のノーマルの吸蜜シーンでございます。

120513 またしてもスミレには来てくれましたが、下草を掃除していないスミレなので尾状突起が隠れています。(涙)

 ところで、午前中、撮影に備えて周囲の下草を掃除しておいたスミレ、私がうろついている間に、ちゃんとイエローバンドが吸蜜に来て写真撮れたと、現地で遭遇した後輩O君が教えてくれました。

120513 さっそくO君に写真を送ってもらいました。むむむ・・・なぜ私が待っていると吸蜜に来んのか・・・許可を得たのでO君の写真をUPしますね。「撮影:O君、掃除協力:kenken」というコラボ作品でございます。

 四字熟語の続く記事になってしまいました。管理人が最も好きな四字熟語は「優柔不断」ではございません。「画竜点睛」でございます。
posted by kenken(管理人) at 23:13| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

優柔不断(2012年5月12日)

 5月12日の天気予報「長野県北部は曇りで最高気温12℃」、こら寒くてギフチョウは飛ばんな・・・白馬イエローバンド詣は翌5月13日にしよっ・・・ならば、12日は「晴れで最高気温20℃前後」予想の三重県か和歌山県で撮影してから白馬入りと考えましたが、直前になって、長野県南部は晴れやし、日光当たれば地表付近の温度は上がって、チャマダラセセリは飛ぶやろ・・・と予想して開田高原に行き先変更。いつもながら優柔不断な私でございます。

120512 現地に着くと、晴れてはいるものの、風が強くてたまらん寒い。木曽御嶽山は雪雲かかってましたね。平年よりは明らかに白いお姿でございます。さすがに蝶は、何も飛びません・・・

120512 ウィンドブレーカー着て寒さに耐えてますと、昼前になって辛うじてクジャクチョウが日光浴。ここぞとばかりにカメラ試写して、ストロボ設定など確認です。(笑)

120512 どんなもんです!その後、予想どおりチャマダラセセリ飛びました。2分間くらいしか見れんかったけど・・・(涙)新鮮な♀で、日光浴、吸蜜、産卵(写真)でした。ストロボ、もうちょい強めに焚くんやったか・・・

 予想の検証に満足して、夕刻に開田高原から白馬へ移動して車中泊(今シーズン、まだ2回目ですけどね)。訪れた八方温泉は、寒くてストーブ入ってました。この日、白馬を訪れた後輩O君によれば、ギフチョウは1頭も目撃しなかったとのこと。けど、翌5月13日の白馬の天気予報はギフチョウ日和♪イエローバンド、撮ったも同然?!

 ところで私、「優柔不断」って言われると、褒められていると感じております。最後の最後まで味を消さずに選択肢を残しておくタイプなんですわ。碁を打ったり、将棋を指したりするせいかな・・・

 念のために、繰り返し、書いておきますが、「開田高原のチャマダラセセリ」と「高ボッチ高原のヒメヒカゲ」は、いずれも、「長野県希少野生動植物保護条例」で地域指定された個体群で、許可なく捕獲等を行うことはできません。(平成18年3月30日付け長野県報第1748号参照)
 蝶愛好家の皆さん、開田のチャマダラセセリ、高ボッチのヒメヒカゲ、採らずに撮って、愛して下さいね。また、採集している人を見かけたら、蝶愛好家の責任として、採集規制がかかっている旨を告げて、優しく排除しましょう。
posted by kenken(管理人) at 19:39| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

華のうちに(2012年5月5日)

 1つ前の記事で桜を訪れたバンド画像をUPしましたところ、思いのほかコメントいただいたので、調子に乗って別バージョンを2枚UPしますね。

120505 これだけの逆光であればストロボ設定+1以上で強めに焚いたほうがえぇなぁと思いながらも、短い吸蜜時間を逃すまいと、スミレ吸蜜撮影用の-1の弱め設定のままで撮ったんですわ・・・まだまだ修行不足です。

120505 この桜、この日の夕刻の雨で散り始め、翌日にはもう散ってました。華のうちに撮れてよかったですわ。
 1局、歌でも・・・
 バンドを求めて 私はいつでも フラフラ歩く 蝶々撮り ・・・ 桜 花びら 散る前に 咲いているうちに♪
posted by kenken(管理人) at 20:50| Comment(6) | カメラ&撮影法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

for a change of air(2012年5月5日)

 「転地療法」って、英語では for a change of air って言うんですね。実際に発音してみると、まさに英語っぽい感じがして、英語が上手になったような気がしたりします。(笑)
 さて、耳鳴りは気圧変化に関係するものもあるとのこと・・・で、再び転地療法に、今度は純粋に蝶撮影行で、高標高地(長野県白馬村)を訪れました。目の前に見える白馬岳では、悪天候で前日に6名の方々が遭難なさったとか・・・この日も上空に寒気が入って雲が多く、難しいお天気でしたが、晴れ間をぬって撮影です。
 初球、2球目とノーマルに出会い、今シーズンはハマリか・・・と思いましたが、3球目がバンドでした。

120505 スミレは背丈が低く、茎も細くて蝶がとまると花が垂れるので撮影難しいです。若干ピンが甘めで、左前翅が僅かに草に隠れておりますが、ピカピカのバンドということで画像UPします。

120505 その後、ひたすらノーマルをスルーして探索継続していると、桜吸蜜のバンドに遭遇です。右後翅に若干の欠けがありますが、逆光の中、ストロボ焚いて撮影したら、なかなか雰囲気のあるお洒落な絵になりました。

 今回の転地療法、耳鳴り改善には効き目ありませんでした。クモツキやタカネヒが見られる標高まで行ったら改善するのかな・・・なんて考え始めたりして。
posted by kenken(管理人) at 17:07| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

最近のkenken(2012年5月3日)

 血液検査:異常なし。男性ホルモン濃度もばっちりで更年期障害の兆候はありません。頭部MRI画像診断:耳鳴りを引き起こすような著変は認められません。その他、血圧とかいろんな検査:異常なし。ちゅうことで、耳鳴りは止みませんが、「問題なし」との主治医(内科)の診断でございます。
 近所の耳鼻咽喉科にも行きましたが、「耳鳴りちゅうのは耳鼻科に来てもらうのが正解なんですが、なかなか止まらんもんでねぇ、耳鼻科に来てもろても困るんですわ」・・・なんと正直な先生なんやろ・・・
 ちゅうわけで、耳鳴りはするものの、気にせず普通に生活すればえぇと言うことになっとります。

 G.W.前半は晴天の中、気圧の変化が耳鳴り改善に役立つかもと、家族旅行で(蝶とは関係ありません)高標高地で連泊してきましたが、効き目ありませんでしたわ。(笑)車、往復1,000Km近く運転しましたが、まったく平気でした。

 G.W.後半は雨のスタートです。今のところ、お家でのんびり過ごしております。

120503 昨日5月2日、拙宅玄関の天井にアオシャクの仲間の蛾を発見!こいつは初見で、調べてみると「アシブトチズモンアオシャク」でした。「足太地図紋青尺」と書くんでしょうなぁ〜 「地図紋」とはなんともお洒落なネーミングで、私の心をくすぐる緑色と幾何学的紋様です。アオオサムシの緑色が好きでオサムシ屋になり、その後、緑色のZephyrusに魅かれて蝶屋になった私、次はアオシャクの緑に魅かれて蛾屋になるのかしら・・・

 ところで、思うところあって「シェーの仕方」について調べてみました。ご承知のとおり、「シェー」は、漫画・おそ松君のイヤミが元祖です。で、イヤミのシェー画像をネット検索しまくったところ、次のことが分かりました。

120503 「頭上に上げた手と上げた片足が同じ(右手と右足(画像左) 又は 左手と左足)シェー」が約90%、「異なる組み合わせのシェー(画像右)」が約10%でした。どうやら、右手を頭上に上げて、右足を上げるのが「一般的なシェー」ですが、あまり左右にはこだわらなくて良いようですわ。ちなみに、中央画像は、私がシェーしている画像です。(爆)
posted by kenken(管理人) at 21:03| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする