2011年09月19日

クロセセリ in 京都市(2011年9月18日)

 京都市内、おおざっぱな表現ですが、少なくとも左京区、北区の山沿いにはクロセセリが定着しています。21世紀になってからの出来事と記憶しています。

110918 初秋のこの時期、芙蓉の花を注意してみると、こんな風景に出会います。極めて長い口吻がその特徴であったりします。

110918110918 なかなかすばしっこいので、静止シーンを300mmで狙ってみました。こいつ、♂かなぁ、♀かなぁ〜、形態や行動をじっくり観察しましたが、よく分かりません。詳しい方おられましたら、是非、アドバイス下さいな。

110918 こちらに敵意がないことをセセリが悟ると(ホンマか?)近づいても逃げなくなってきます。コンデジで迫ってみました。

 さて、まったく話が変わります。以前に拙ブログのコメントとレスのやりとりで、次のことを書きました。「京都大学蝶類研究会誌SPINDA20号(2005)年にいろいろ飼育実験結果が書かれてましてね、それらによれば、大津市産ウラナミジャノメの臨界日長は、14時間から15時間の間くらいとなっています。・・・短日条件で休眠状態になっても長日条件に戻すと休眠から覚醒するようです。」
 この日、この実験をして報文を書いた後輩と直接話しする機会に恵まれたので、いろいろと質問をしてみたところ、次のような興味深いコメントをいただいたのでメモしておきます。「孵化直後の3〜4日を長日条件で飼育開始すれば、その後、短日条件に変えても、ほとんどの個体は休眠せずにそのまま成長を続けます」ですって!

110918 そんなことはつゆ知らず、羽化後ずっと長日条件で飼育継続している大津市産ウラナミジャノメ、当たり前ですが、休眠することなく蛹化、羽化が続いています。もう5頭も展翅してしまいました。近年稀にみる展翅数の多さです。(笑)
posted by kenken(管理人) at 20:30| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする