2011年09月16日

ラーメン食べてお展翅くん(2011年9月15日)

◆この日は、所用でお出かけしておりまして、遅めの昼食に、久々に中華そば「ほそかわ」を訪れてみました。

110915 京都市内にお住まいの方々に分かりやすく書きますと、場所は「西大路花屋町西入ル」であります。以前は「いかにもラーメンの美味そうな」風情のある店だったのですが、改築されて、こぎれいな店になっております。

110915 ラーメン並と小ライスを注文です。私の最好物の銀閣寺「ますたに」のラーメンを受け継いだ、豚の背油系の醤油ラーメンでございます。改装後、ちょっとお味があっさり気味になったような・・・食べた感想を正直に書きますと、「ますたにのラーメンを久々に食べたくなったなぁ」であります。

◆さて、話が変わります。この日は、直帰して少し時間的余裕があったので、展翅作業をしてみました。妻には「お展翅くん!」とひとこと言えば、私が何をしているか全て理解してくれます。(笑) 私ね、展翅の腕が鈍らないように、毎年数頭でも必ず展翅したいなと考えております。

110915 先の記事のとおり、後輩から、滋賀県大津市産のウラナミジャノメの強制採卵、飼育のお手伝いをした御礼にと、その幼虫をいただきました。既に2頭が羽化し、まだ幼虫、蛹も残っております。写真は2頭目の羽化個体です。

 マイ作業机には、市販のデスクマットを敷いております。デスクマットというのは、緑色のポリエチ製スポンジクッション上に透明の塩ビ製マットが組み合わさったもので、普段はこの上にカメラやレンズをドンと置いたりするので、クッション代わりです。透明マットの下にはお気に入りの写真なんぞ敷いて楽しんでおります。

110915 その机上に、展翅道具一式を並べてみました。本来は、展翅シーンの動画を載せるべきなのでしょうが、今回は静止画で失礼します。既に2号平板に展翅されているのは1頭目の羽化個体でございます。注射器は、展翅前にアンモニア水注射するので使用します。昆虫針は、志賀製のものを使用しています。柄付き針は3種類あります。木製柄で真っ直ぐな針のものを翅の矯正に使用します。木製柄で先端がU字型の針のものと金属製柄で真っ直ぐな針のものは、触角矯正に使用します。めがねは、100円ショップで購入した+1.0の拡大鏡です。(うううっ、最近、必須アイテム・・・)ピンセットは、先の尖ったステンレス製の結構高価でえぇやつを使用しています。

110915 展翅の仕上がりの良し悪しは、はっきり申し上げて、被展翅物の仕上がり後の翅平面に対して、いかに昆虫針を正確に垂直に刺すかで9割以上が決まると感じています。2頭目を展翅しました。ハンドリングの良さから、展翅板の中央から、それぞれ手前に向かって被展翅物を追加するというやり方にしています。
posted by kenken(管理人) at 17:20| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする