2011年06月21日

Zephyrusと戯れて(2011年6月18日)

 ヒロオビミドリシジミの撮影案内役で兵庫県西部までお出かけしたのですが、1つ前の記事のキマダラモドキを筆頭に、ついつい他種に浮気してしまいます。

110618us1.jpg このウスイロオナガシジミなんか、とっても後翅表のオレンジが大きくて綺麗です。ナラガシワの葉に邪魔されて、なかなか翅裏全部を撮らせてくれませんが。

110618us2.jpg なんでもないようなところにもウスイロオナガが降りていたりします。名前のとおり、尾状突起が長いですね。とても新鮮な個体です。

110618us3.jpg 少し開いてくれましてね、ドキドキさせられましたが、飛んで行ってしまいました。できることなら、後翅表の白斑を撮りたかったのですが・・・

110618hro3.jpg いちおう、狙いのヒロオビミドリシジミも撮りました。翅裏はやっぱり♀がえぇですなぁ。その特徴の「広い帯」の白さがくっきりしていて眩しいですわ。

110618hro2.jpg 上の♀ですが、開翅してくれました。ん、葉上の水滴に口吻伸ばしていますね。この角度で♂の翅表が撮れれば申し分ないのですが、それはS師匠にお任せするとしましょう。

110618hro1.jpg 私は、やっぱり、こんなふうに、翅表と翅裏を同時に表現するのが好みです。というのは、この1枚でヒロオビミドリシジミの♀だってひと目で分るじゃないですか。

 まだまだ写真ありますが、ひとまずこれくらいで。
posted by kenken(管理人) at 20:57| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キマダラモドキの色表現(2011年6月18日)

 S師匠のリクエストにお応えしてヒロオビミドリシジミ撮影の案内役として兵庫県西部を訪れたのですが・・・足元からこいつが飛びだすと、ひたすら追いかけてしまいます。One of My Favorite Butterflies な蝶なもんで。(笑)

110618kmm1.jpg なんとなく普通に撮影すると、こんな色に写りますが、ちょっと実際の色とは違うような気がしますねぇ。

110618kmm2.jpg 同じシーンをノン・ストロボでコンデジで広角写真を撮るとこんな感じ。やっぱりコンデジの色表現には限界があるかも・・・これ旧機種のGX100なので、やや逆光には弱いような気がします。

110618kmm3.jpg うん、これがもっとも忠実に色表現できた写真かな。やっぱり、自然光で撮らんといかんのかなぁ・・・お気に入りの1枚なので、大画像でUPでございますよ。

110618kmm5.jpg ん、でも、自然光で表現しようとすると、結構暗い場所に静止するので、なかなか速いシャッタースピードが切れないので被写体ブレで苦労したりします。

110618kmm4.jpg といって、ストロボ焚くと、こんな感じで撮れて、やっぱり自然の色ではないような気もするし・・・

 なんやかんや言いながら、よく写真を見てみたら、2個体以上いたようですわ。翅裏の幾何学紋様、微妙に個体差あるんですな。
 ちなみにS師匠は熱心にヒロオビを撮影されておられました。
posted by kenken(管理人) at 00:07| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする