2011年05月14日

チャマダラセセリ(その1)(2011年5月5日)

 5/4の夜は、S師匠、kmkurobeさん、theclaさんと一献交わしておりました。現地でお目にかかって「ほなら、軽く飲りましょか」って情報交換会でございますわ。それにしても清酒「大雪渓」は美味かった。
 5/5は、「ヒメギフ連闘」ということで床に就いたのですが、早朝にS師匠より「やっぱりチャマ生息確認行こ」って電話もらい、開田高原のチャマダラに予定変更です。チャマ探索は複数人のほうが絶対に有利ですもんね。

 念のために、繰り返し、書いておきますが、「開田高原のチャマダラセセリ」と「高ボッチ高原のヒメヒカゲ」は、いずれも、「長野県希少野生動植物保護条例」で地域指定された個体群で、許可なく捕獲等を行うことはできません。(平成18年3月30日付け長野県報第1748号参照)
 蝶愛好家の皆さん、開田のチャマダラセセリ、高ボッチのヒメヒカゲ、採らずに撮って、愛して下さいね。また、採集している人を見かけたら、蝶愛好家の責任として、採集規制がかかっている旨を告げて、優しく排除しましょう。

110505-01.jpg 生息確認目的で訪れた地点、季節進行が遅れているようで、まだ花がほとんど咲いていませんなぁ〜

110505-02.jpg ミヤマセセリさんが遊んでくれるの、お付き合いさせていただき、2時間ほど探索しましたが、チャマはまったく見かけません。「絶滅」とは見受けられんし、この地は「未発生」と結論づけました。(また来なあかんな・・・)

 仕方がないので、前日5/4にtheclaさんが訪れている生息地に移動することにしました。

110505-03.jpg ♂の翅裏を撮るという目的があったのですが、出会うのは♀ばかり。それにしても、チャマって、本当になかなか完全閉翅しない蝶ですなぁ。こういうやつに限って、翅裏が渋くて魅力的だったりします。

110505-08.jpg ところで、今シーズンから、コンデジをRICOHのGX100からGX200に更新しております。その写り具合を確認するために何枚か撮ったうちの1枚がこれですわ。素人目には、GX100と描写変わらんなぁ〜【続く】
posted by kenken(管理人) at 21:50| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする