2011年05月08日

ヒメギフチョウ(その2)(2011年5月4日)

 ヒメギフチョウに出逢うには、自宅から約5時間かかります。「ヒメギフのこんな絵が撮りたい」という思いよりは、「ヒメギフと同じ空間を共有して心を癒したい」という思いで訪れているというのが本当のところでしょうか。産卵、吸蜜と撮影できたので、ちょっとひと休みです。

110504-06.jpg こんな感じで、カタクリの絨毯の中に身を置いて晴天のもと、何をするでもなくボーっとヒメギフを見ながら過ごしていると、ほっこりします。カタクリの花は、カメラを地面に置くぐらいの位置から水平に撮ると、「びっしり咲いている感」が表現できるように思います。

110504-10.jpg たまには花マクロ画像も撮ってみようということで白花カタクリで挑戦してみましたが、う〜ん・・・こういう写真はどう撮ればいいのでしょうね・・・まったくアウトプットイメージが湧いてきません。花撮影のセンスはないようですわ。

 ひと休み後、再び歩き回り始め、前出とは別の♀を追いかけていると産卵を始めました。

110504-07.jpg 300mmで確認してみると、後翅の赤斑が鮮明で、赤城山にいるのかと錯覚させるような別嬪な個体です。この地では後翅の赤斑のバリエーションが豊富です。

 現地でお目にかかったF先輩、kmkurobeさん、fanseabさんは、この産卵シーンを熱心に撮影されていましたが、私は、「産卵」という生態よりも、「MAX赤上がり」という形態のほうに関心が移り、産卵後に見られる「休憩シーン」で赤斑を表現しようと遠めから300mmを構えて見守っておりました。

110504-08.jpg で、お待ちかね、お決まりの産卵後の休憩シーンです。カタクリの葉上にいい感じで静止して開翅してくれました。「MAX赤上がり」でしょう。もう少しフラットに撮りたかったのですが、この個体、結構敏感で、小休止の後、樹林内へと消えてしまいました。この画像は、ちょっと大きめのサイズ(1200×800)でUPしておきますね。

110504-09.jpg その後、この♀に再会しようと1時間ほど探索して撮ったのがこの1枚。残念ながらすぐに飛ばれてしまい、(写真左下の蜘蛛が邪魔しよった・・・)その後はとうとうお目にかかれませんでした。

 午後は思いのほか気温が上がらず、しばらくして撤収することにしました。お天気良いようなので、このまま車中泊で信州に居残りです。翌5/5はどうしよう・・・この赤上がり♀の吸蜜シーンを狙うべきか、他に転戦すべきか・・・【続く】
posted by kenken(管理人) at 17:12| Comment(20) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする