2011年05月07日

ヒメギフチョウ(その1)(2011年5月4日)

 なんとか仕事も少し一段落してG.W.後半はのんびりです。4月は休日出勤多かったので、5/6(金)を代休にして5/8(日)まで連休です。お天気と相談した結果、5/4(水)出発「お天気崩れたら帰るツアー」で信州方面へ久々の撮影遠征です。
 まず立ち寄ったのは、長野県北安曇郡のヒメギフチョウの生息地。

110504-01.jpg 今年はギフ、ヒメギフは不作なんでしょうかねぇ〜なかなかお目にかかれませんでしたが、探索していると足元から♀が飛び立ちました。うん、時期は思ったとおり♀の適期です。♀にしては妙に白っぽくて、化粧品のコマーシャルではありませんが、「like a virgin」個体ですが、ウスバサイシンに興味を示しています。

110504-02.jpg 回り込んでみると、ちゃんと交尾嚢がついていて、産卵していました。「virgin なんちゃって」ってところですな。卵を際立たせるために、弱めにストロボ焚いています。

110504-03.jpg 産卵後は、お決まりの行動で、休憩して吸蜜です。周囲が下草でごちゃごちゃしていることもあって、少し寄り過ぎかな。ここまでの3枚は同一個体です。蝶とカタクリの花の鮮度とも申し分のない組み合わせですな。

 しばらくして、別の飛翔個体を発見。カタクリに舞い降りて吸蜜開始したので、走り寄って撮影です。

110504-04.jpg 逆光なのでストロボ焚いていますが、今回のヒメギフ撮影では、意識して弱めに焚いてみました。人間の眼で見た感覚はきっとこんな感じなんでしょう。周囲のカタクリの花も意識して少し離れ気味で撮影です。

110504-05.jpg カタクリを表現するには、縦位置の表現がぴったりでしょう。生え際から花まで写し込んでみました。なんちゅうこともない、よくある絵ですが、今年もフィールドに立つことができて、こんなシーンに巡り会うことができたことに、大いに幸せを感じながらの撮影です。個人的には、なんだかギフチョウの血を感じるヒメギフチョウだったりします。

 この後、赤城山を訪れたのかと錯覚するようなシーンに・・・【続く】
posted by kenken(管理人) at 20:45| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする