2011年01月24日

大和葛城山のギフチョウの採集規制と生息地保全

 1/22(土)、奈良県御所市で開催された「第5回 全国チョウ類保全シンポジウム」(詳細プログラムは、1つ前の記事をご覧下さい)に参加してきたので報告しておきますね。

110122-01.jpg え〜、まずはお決まりの開会シーンからですが、主催者のチョウ類保全協会の理事さんの開会挨拶の後、奈良県御所市長さんが挨拶されているシーンです。

110122-02.jpg110122-03.jpg【写真左】昆虫写真家・海野さんの特別講演「チョウのたのしみ方」の1シーンです。冒頭、「そこにどんな蝶がいるのか調べられている場所では、もう採集はやめて、撮影で蝶を楽しむ時代です」と言ったお話があり、その後、写真撮影の楽しみ方などのお話がありました。
【写真右】講演後、会場から、ピント合わせなど撮影についての質問があって、身振りを交え、「こんな感じで撮ります」と檀上を走りながら回答されていた海野さんの姿が印象的でした。

110122-04.jpg 写真家・渡辺さんの基調講演「金剛・葛城山系におけるギフチョウ」の1シーンです。ギフチョウに関する出版物のお話もあり、アカデミックな雰囲気が漂っておりました。

110122-07.jpg この後、いろんな講演(ダルマガエルの話は面白かった!)があったのですが、皆さんの気になるところ、すなわち、大和葛城山におけるギフチョウの採集規制と生息地保全活動について、地元の保全活動団体から発表があったので、書いておきますね。

 大和葛城山の奈良県側(稜線から東側ですな)は、2010年から、保全活動団体と地権者(個人や森林組合ですわ)とが保全契約を結んで、ギフチョウ採集目的での立入は禁止になっとります。で、立入禁止の看板や立入防止柵が設けられているんですね。
 簡単に言うと、真面目に保全活動やってるので、奈良県側に足を踏み入れた状態ではギフチョウは採らんといてや・・・
ということですわ。
 賛否両論ありますが、管理人は、まあしゃあないかなと「消極的賛成」の立場です。生息環境の維持活動(下草刈りや食草、産卵数継続調査など)も採集規制と合わせて行われていますし、何よりも、紀伊半島顔の純粋なギフチョウさんとその生息地がいつまでも残ってほしいですしね。

110122-10.jpg シンポジウムの最後は、海野さん、渡辺さん、保全活動団体の方、行政の方などが檀上に上がって、「金剛・葛城山系の自然を守る」って、パネルディスカッションがあり、閉会後、懇親会がありました。

 う〜ん、懇親会・・・とても参加したかったのですが、管理人は他のお約束がありましてね、閉会後、そそくさと大阪へと移動いたしましたが、後日聞くところによれば、なかなかの盛会だったとのことでございました。
posted by kenken(管理人) at 17:24| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする