2011年01月06日

京都市内のキマダラルリツバメ

 ネタがない時は、京都市内のキマダラルリツバメ(以下、キマリンと言います)について書くのがよろしいようで、ちょっと書いてみましょう。
 京都市内では、「えっ!こんなところに・・・」ちゅうような、なんでもない場所にキマリンがいたりするのですが、上京区については記録も標本も見た記憶がありません。

110105hi.jpg 写真は、京都市上京区の一部のGoogle Earth画像です。画像左上のH神社にはキマリンの記録がありますが、ここは上京区ではなく、北区だったりします。なお、現在、H神社のポイントは、神社のご配慮?で鉄フェンスで頑強に囲われて全く立ち入れない状況で、また、巷の噂では、もうキマリンはいないとか言われていることを付記しておきますね。

 さて、このGoogle Earth画像中にあるR寺は上京区に位置しておりまして、昨2010年6月中旬のキマリン吸蜜最適タイムに訪れてみました。日付と時間を正確に書くと、「シゴなにか!?」などと鋭い突っ込みが入ったりするので、ご容赦下さい。

110105ri1.jpg 当時の実際の画像でございます。えぇ感じの桜が何本か生えておりましてね、写真右の門の奥には、サンゴジュの白い花(画像矢印)が咲いております。

110105ri2.jpg 桜を見てみると、蟻さんが歩いております。暗い桜の幹上を歩く蟻さん画像なので分かり難いですが、矢印のところに2頭のハリブトシリアゲアリが写っております。

110105ri3.jpg サンゴジュの花は、ちょうど最盛期で、なんとも言えない良い香りを漂わせておりまして、ムラサキシジミをはじめとして、他の蝶も吸蜜に訪れておりました。

 で、本題のキマリンはどうやったんや?と気になるところですが・・・こういう記事では、次のように書くのが適切なようで・・・「初めから地名や寺名が出てきた時の結果は判っているようなものです。」
 ですが、しかし、もし仮に、6月中旬に仕事でこの付近を車で通りかかったとしたならば、きっと車を停めてサンゴジュの花を眺めに訪れるでしょうね。
----
 お題にキマリンと書いておきながら、写真が1枚も出てこないと冴えないので、昨2010年6月の京都市内でのキマリン画像を蔵出ししておきましょう。京都市内でも、左京区、右京区では、結構簡単にキマリンを見つけることができます。

110105ki1.jpg 顔よりも高い位置でのテリ開翅なので、コンデジGX100を持った手を思いっきり伸ばして、カメラをかぶせるようにしてノー・モニター撮法で撮った1枚でございます。

110105ki2.jpg お正月なので、景気良く特大画像でUPしておきましょう。昨年の画像中で、尾状突起とその先端の4白を最も綺麗に描写できた1枚です。微風の影響で見事に尾状突起が直線的に吹きあがっております。なかなかこうは撮れんもんですよ。
posted by kenken(管理人) at 01:10| Comment(26) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする