2010年10月26日

シオリ号逝く(2010年10月26日)

 ここのところ、ブログ更新が途絶えておりましたが、実は、休日は撮影に出かけず、お家で愛猫シオリ号を見守っておりました。
 10月26日17時20分、妻に看取られながら眠るように☆になりました。享年20歳。人間で言えば100歳超、長寿の猫と言って良いでしょう。

101026ss.jpg 安らかなお顔でございます。お花で飾ってあげました。虹の橋を迷わずに渡れますように、京都猫寺のお守りを持たせて旅立たせてやりましょう。

101010s.jpg 在りし日の雄姿を1枚。
 10月10日の写真でございます。

 え〜、そんなことで、当分の間、喪に服したいと思います。
 既にお悔やみのメールをいただいた皆さま、この場をお借りして御礼申し上げます。有り難うございました。
 また、コメント下さる皆さま、レスが書けませんかもしれませんこと、何卒ご容赦下さい。【合掌】
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

兵庫県南部のシルビアシジミ(2010年10月2日)

 去る9/20、石川県輪島市でシルビアシジミの探索・撮影していると、我が家から次のようなメールが来ました。
・10:00頃「シオリ号(愛猫)が朝からしょんぼりしていて、何も食べず、水も飲まない」
・16:00頃「ぐったりして動かない。今夜が『ヤマ場』、何時頃帰れる?」

101004sh.jpg そりゃ、えらいこっちゃ!慌てて帰宅してみると、いつもとは違い、和室の片隅の暗い畳の上に横たわっていて、今にも逝きそうな雰囲気でした。さすがに、もう20歳で、人間で言えば100歳を越えている老ニャンです。寿命かもしれません。そっと撫でてやるとなんとか目を開けて私を認識しました。「なんとか間に合った・・・」というのが正直な感想でした。
 そんなことで、9/23-26と4連休で九州遠征、10/2-3と四国家族旅行を計画しておりましたが、いずれも見送り、シオリ号を見守ることにしました。

 さて、シオリ号ですが、その後、水を口元まで持っていってやるとなんとかなめるようになったので、少量のステロイド剤を水に溶かして飲ませてみたところ、徐々にですが、奇跡的な回復を示し、9/30には、ほぼ普通の状態に戻りました。ぐったりしていた原因は不明ですが、やや下痢気味だったので、お腹を壊して自ら断食していたのかもしれません。現在、ステロイド剤微量を3日に1回程度継続投与していますが、こちらも、そろそろやめても平気かなという感じにまで回復しました。

 そんなことで、しばらく蝶撮影には出かけておりませんでしたが、10/2は、何かあってもすぐに帰宅できる近場の日帰り撮影に午前中だけ出かけてきました。今後もしばらくはシオリ号の様子をみながら、近場の日帰り撮影行にしておきましょう。

----
 能登半島の北限のシルビアシジミとの比較・検証ということも兼ねて、近場、兵庫県南部のシルビアシジミ撮影に、午前中限定で行ってきました。

101002sl-2.jpg 秋らしい、やや青い♀の開翅です。こういうシーンは、まだ陽が高くない早朝撮影に限りますね。コンデジGX-100でプログラムモードで撮影するとこんなふうに撮れます。被写界深度の深いコンデジならではの画像です。

101002sl-1.jpg 同一シーンを一眼 100mm MACRO で左翅表と右眼をフラットに撮ってみました。しっとりとした色表現ができて、お気に入りの1枚です。結果的に、この日出逢った♀の中で、この個体が最も青かったですわ。

101002sl-3.jpg 陽が射してくると、もう開翅しませんねぇ〜北限の能登半島のシルビアシジミとの翅裏の雰囲気の違いが分かるように、翅裏もばっちり表現しておきました。上の開翅していた♀と同一個体でございますよ。

101002sl-4.jpg 陽が完全に高くなり、ピーカンのお天気です。15mm Fisheye での広角写真に徹しましょう。兵庫県南部のシルビアシジミは、いやゆる「土手ビア」「畦ビア」で農耕地の周辺に生息しております。こんな感じで電信柱なんかを入れて写すと棲息環境が分かっていただけるかな。すぐ横では稲穂が実っております。上とは異なる♀です。

101002sl-5.jpg こちらは♂です。絵としては水平に撮っていますが、ため池の土手なので背景が傾いております。辺りは、青空がのどかな田園風景です。ず〜っと待っておりましたが、気温が高過ぎで、やはり開翅しませんねぇ。

101002sl-6.jpg なぜか1頭、吸蜜しながら開翅する♂がおりました。ピーカンのお天気で直射日光があたっていると、色表現がいまいちですが、まあ、こんなもんでしょうか。翅裏をもうちょっと明るく写すためにストロボ焚いておくんやった・・・
 この日の走行距離214km。夕方には帰宅して、シオリ号をなでなでしてから、夜は、友人との飲み会に参加しておりました。
posted by kenken(管理人) at 20:15| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする