2010年09月28日

北限のシルビアシジミ(2010年9月19〜20日(その2))

 9/19、午前中で石川県志賀町での撮影は切り上げて、9/19午後〜9/20午前と石川県輪島市でシルビアシジミを探索してみました。
 輪島市でのシルビアシジミの正式記録はまだ発表されていないと思いますが、某氏が輪島市で生息確認していると知人を通じて聞いていたので、地図上で適当に目星をつけて探索してみると、勘良く生息を確認することができました。

100928-n1.jpg 実際にシルビアシジミが生息している環境の写真をUPしておきましょう。「ここはどこや?」ではなく、「こんな生息環境なんや!」って観点から見ていただきたいので、ちょっと写真に細工してあります。とてもたどりつけない海辺の90度近い断崖絶壁にもミヤコグサが生えていてシルビアシジミが生息しております。

100928-n2.jpg 上の写真の海辺の断崖絶壁ですが、意外と植生は豊で、実際に近づいて写真撮影してみるとこんな感じて、ミヤコグサが点在しておりましてね、強風に耐えながらシルビアシジミが産卵しておりました。
 ブログ上にこのような写真を掲載しても、正式な記録とはなりません。正式記録は、どなたかにお任せしたいと思います。

100928-n3.jpg 海辺って、結構風が強く、産卵後、風に耐えながらミヤコグサにしがみついている♀です。上の写真と同一個体です。いわゆる「海ビア写真」の出来・不出来は、その日の天候、特に、風の強弱に大いに左右されるとつくづく思い知らされる撮影行でした。

100928-n5.jpg こんな海辺の断崖絶壁にも、きっちりカタバミは自生していましてね、ヤマトシジミも混飛しております。ミヤコグサの花は少なく、カタバミを訪花したシルビアの写真を撮っておりました。

100928-n4.jpg 風の強い海辺の断崖絶壁でしたが、一瞬の晴れ間に風がないだなかで、♀が開翅してくれました。この時期でこんな「青さ」ですわ。
 「輪島市内で開翅するシルビアシジミ♀」なんて、なかなかネット上で検索してもお目にかかれない画像だと思いますよ。じっくりご覧下さいな。【続く】
posted by kenken(管理人) at 22:22| Comment(20) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

北限のシルビアシジミ(2010年9月19〜20日(その1))

 本ブログにも時々ご登場下さるふ○み○さんが、昨2009年、石川県能登半島に生息する北限のシルビアシジミを17年ぶりに再発見されました。
 その素晴らしい探索能力と再発見の栄誉をあらためて称え、敬意を込めて、以下の記事を書かせていただきます。
----
 北限のシルビアシジミとその生息環境を写真に残しておくのは、生態写真に取り組む者の使命かと思い、石川県志賀町を訪れました。

100919-2.jpg 日本海を背景に岩場の下草上で交尾するシルビアシジミ。日本海らしい海と空の色が表現できました。前翅裏亜外縁の黒点列、1番上が内側にずれ、上から3番目が横長になるというのが、北限のシルビアシジミの特徴でしょう。

100919-1.jpg 海辺のちょっとした草付きに自生するミヤコグサに産卵するシルビアシジミ。雨粒がぱらつくお天気で、実際の雰囲気を再現しています。右上が水平線ですが、こういう写真では水平に表現することに苦心させられます。

 訪問初日の午前中にこれらの写真を撮影後、ふ○み○さんのような探索能力はありませんが、輪島市の探索へと向かいました。【続く】

----【2010-9-21 追記】----
 「広角ばかりじゃなく、100mm Macroでの描写はないんかい!」って声が聞こえてきそうなので、Macro画像を2枚追加しておきましょう。

100919-3.jpg100919-4.jpg 北限のシルビアシジミがどんなお顔をしているのか、その傾向が少しでも分かるように、4写真5個体、全て別個体でございますよ。

posted by kenken(管理人) at 17:35| Comment(30) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

紀伊半島で(2010年9月5日)

 ここのところ、ブログ更新が滞っておりまして、すんません。ず〜っと、週末出勤が続いておりましてね、また、「諸般の事情」もありまして・・・
 管理人は元気ですよぉ〜ってことで、取り急ぎ、直近の画像をUPしておきますね。
----
 何年ぶりでしょうか、久しぶりに、紀伊半島は和歌山県のルーミスシジミの有名生息地を、残暑に訪れてみました。

100905l1.jpg この季節、変り映えのしない、こんな感じの静止シーンしか撮れまへんな。決して開翅することはありません。ん、でもね、暗くてなかなか撮影難しいんですよ。

100905l2.jpg 今回、撮影に出かけたのは、秋冬の開翅画像撮影の下見でもありまして、豊作なのか不作なのか、やはり自分の目で確かめておきたかったんですわ。

100905l3.jpg 日曜日なので賑わっておりまして、現地では、採集者2人組×3=6人、撮影者2人1組と遭遇しました。皆さん、どんな成果だったのでしょうね。

100905l4.jpg 広角画像も載せておきましょう。これは、15mm Fisheyeでの絵です。かなり暗い環境なので、プログラムモードで軟弱に撮っております。

100905l5.jpg コンデジGX100でも撮っておきました。これが、最も雰囲気の出た絵かな。木漏れ日がえぇ感じです。

 ルーミスシジミ、個体によって、微妙に翅裏の斑紋が異なりますね。
 さて、上の5枚の絵、実質、何個体写っているか分かりますか?
 蘊蓄のない記事で失礼しました。(笑)
posted by kenken(管理人) at 20:27| Comment(24) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする