2010年08月15日

木曽路の蝶(その1)(2010年8月8日)

 1つ前の記事からの続きです。8/7、安曇野でヒメシロチョウの撮影を楽しんだ後、木曽路へ移動し、道の駅で車中泊することにしました。薄暮の中で寝支度をしていると、マイ師匠Sさんが登場されました。この日は朝から木曽路で撮影されていて、同じく車中泊とのこと。さっそく駅の片隅で缶ビール、カップ酒で一献交わしながら蝶撮影談議です。談議中、次のような話になりました。
◆師匠:「今夕、偶然、ムモンアカシジミが低い位置で交尾しているのを見たけど、交尾したまま翌朝まで過ごすのかなぁ?」
◆kenken:「それはないやろ。考えてみなはれ、嫁さんとナニして、そのままの体勢で寝ますかぁ?」
◆師匠:「せやなぁ〜、ほなら、夜が明けたらどうなってるか見に行こか」・・・ってな訳で、8/8早朝、ムモンアカシジミが交尾していた場所を訪れてみました。

100808mma1.jpg 予想どおり交尾が解けた状態で、まだ、そのままの場所にいました。近づくと飛びそうなので、まずは遠めから300mmで撮ったペアの証拠写真がこれです。

100808mma2.jpg 証拠写真撮影後、同シーンで更に接近して上写真の右側の個体を300mmで撮影したのがこれです。新鮮な個体で、後で分かったのですがこちらが♂で、この写真の撮影後、直ぐに樹上に消えました。

100808mma3.jpg 残った♀です。翅をスリスリしながら葉上を歩いたり、ちょっと飛んだりしましたが、しばらくの間は、樹上へ上がらずモデルになってくれました。♂♀の習性の違いを実感しました。前翅裏の「水着の跡」のような白っぽい部分が撮影心をそそりますなぁ。

100808mma5.jpg 「たくさん撮影したので、逃げてもいいから、ぐっと接近してコンデジで撮影しては?」との師匠の言葉に甘えて撮ったのがこれ。発生木と思われるナラ類の大木をバックに入れてみました。
 「尾突の先端の白が揃っている『画竜点睛』ってのはえぇなぁ〜」なんて師匠と顔を見合せておりました。この♀、開翅することはなく、最終的には樹上へと上がっていきました。

 予定外のムモンアカシジミが撮影ができたのはラッキーでした。師匠、ごっつぁんでした!さあ、狙いの蝶の撮影に転戦です。<続く>
posted by kenken(管理人) at 12:15| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする