2010年07月23日

セセリの撮り方考(2010年7月17日)

 7/17〜7/19の3連休は猛烈な暑さでしたね。暑さに負けず、日帰り撮影行3連発を決行しておりました。まずは、初日7/17について書いておきましょう。

 セセリチョウは、どう撮ったら綺麗に表現できるのか・・・そんなことを考えながら、兵庫県の山間部でホシチャバネセセリを相手にいろいろ試しておりました。

100717hs1.jpg こんな感じで翅裏をフラットに撮るには、絞り開放でも、そこそこ簡単に撮れますね。う〜ん、こいつは相当に新鮮な個体で、びっしり揃った縁毛がえぇもんです。

100717hs2.jpg セセリチョウ特有の「ジェット戦闘機型の立体的開翅」です。100mm Macroで1段階だけ絞ってのF4.0での描写です。背景をぼかしながらも眼と翅の両方にピンって、なかなか合わんもんでねぇ、撮影していても、めちゃ歩留まり悪いです。

 「セセリ」とは漢字で、手偏に「弄」と書きます。意味は「小刻みな動作をせわしなく繰り返す」でありまして、その漢字どおり、ちょこまか動きながら吸蜜するセセリチョウ、吸蜜シーンは意外と撮影に難儀します。

100717hs3.jpg 同じく100mm Macro F4での描写です。本当は、F11くらいまで絞ったほうが全体にピンがいって切れのある絵になるのかもしれません。これだけのカンカン照りであれば、F11まで絞ってもシャッタースピード稼げるでしょうし。

100717hs5.jpg 立体的開翅吸蜜です。うん、100mm F4なら、これくらい離れて撮ったほうがえぇ感じかも。オカトラノオの花の全体像もしっかり描写して、雰囲気出てますな。この日の絵の中で、最もお気に入りの1枚です。

100717hs4.jpg はぁ〜、しかし、コンデジGX-100ですと、何も難しいこと考えんでも、Pモードで接写すれば、こんなパンフォーカスな絵がいとも簡単に得られます。う〜ん、やっぱしセセリはコンデジで撮るのが正解か?

 皆さん、セセリチョウ特有の「ジェット戦闘機型の立体的開翅」って、どう撮っておられますかな。
posted by kenken(管理人) at 12:45| Comment(22) | カメラ&撮影法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする