2010年07月12日

ウスイロヒョウモンモドキ観察会前日(2010年7月10日)

 7/11(日)は、兵庫県ハチ高原のウスイロヒョウモンモドキ(以下、「ウスイロ」といいます)の観察会(ひとつ下の記事↓をご参照下さい)に主催者側スタッフとして参加してきました。あいにく朝からの雨で、観察会は、急遽、屋内でのウスイロ動画やスライドによる説明会のみに変更となり、生息地の現地訪問は中止となりましたが、説明会には、生息地の土地管理者である地区長さんほか地元の方々が来て下さいました。
 悪天候のなか、ご参加、有り難うございました。この場を借りて、御礼申し上げます。

----
 さて、観察会に先立って、前日7/10の午後にのんびり現地入りし、ウスイロ生息地でトランセクト調査・撮影など行い、その後、周辺地で探索・撮影など楽しんでおりました。その7/10の活動について書いておきましょう。

 まずは、ウスイロ生息地での活動です。腕章と身分証を付けて、ウスイロのトランセクト調査兼採集規制パトロールです。本年も例年並の発生状況でホッとしました。何度も書きますが、当地・ハチ高原一帯のウスイロヒョウモンモドキは、自然公園法により採集禁止となっておりますので、愛蝶家の皆さまのご協力をよろしくお願いします。

100710us1.jpg 珍しく、ウスイロがクリを訪花していました。吸蜜行動の有無を確認すると、ちゃんと口吻を伸ばして吸蜜していましたね。途中、顔馴染みの撮影者さん3人に遭遇しました。

100710us2.jpg クリでの吸蜜シーンを広角でも撮っておきました。生息地はこんな環境ですわ。この日は、トランセクト調査用紙には「雲量100」と書き込む、梅雨らしいお天気でしたね。

100710ks1.jpg100710ks2.jpg キマダラセセリより大きいのに、なぜコキマダラセセリ?といつも思いながら・・・梅雨の草原に、その黄色が染み入るように綺麗なので、足を止めて撮影です。左が一眼デジ100mm Macro、右がコンデジGX-100での画像です。セセリの生態写真には、やはり深度の深いコンデジのほうが全体にピンがいってえぇですな。

 この頃から、だんだん雲ゆきが怪しくなってきて、どうかなと思いながらも、午後遅くに、カシワの自生する高標高地に移動です。

 ここは、ハヤシミドリシジミをはじめ、Zephyrus類の撮影好適地なのですが・・・あきません、本能的にZephyrusはそっちのけで、キマダラルリツバメ(以下、「キマリン」といいます)を探索してしまいます。すると、おおっ、いきなりキマリン飛んでるやんかっ、どんなもんじゃい!って近づいてみるとトラフシジミ(以下、トラフといいます)夏型でした。(飛翔してる姿、ホンマにキマリンによう似とるなぁ〜)

100710tr1.jpg100710tr2.jpg 開翅する雰囲気なので見守ると、見事に翅表のブルーを拝ませてくれたので、大切に撮影しました。夏型のトラフの翅表を拝むのは、実は2回目なんです。キマリンの翅表よりも撮影難しいと感じているのは、私だけでしょうか。
 その後、キマリン生息していて、撮影可能な低い位置でテリ張る可能性があるとすれば、ここやろって場所で目を凝らして探してみると・・・

100710km.jpg 今度こそ、どんなもんじゃい!目視で葉上に静止するキマリンを発見です。(この快感がたまらんっ!尾突も4白揃ってるし)
 うううっ、しかし、この「証拠写真」撮影後、いわゆる「行ってけ〜」状態で消えてしまいました。あららっ・・・時刻と周囲の明るさから考えると、おわっ!もうテリ張りタイムは終わってたんや・・・トラフの翅表にカメラを向けているうちに、キマリンの開翅、撮り損のうてもうたぁ〜

 某氏のサイトのこんな「お言葉」を思い出しました。「ちゃんと撮ればどんな蝶でも美しいものである。それはよくわかっているが、普通種にカメラの向けるのは一種の覚悟が要る。撮影は採集と違って『ちょっと摘んで撮る(採る)』というわけにはいかず、それなりに時間がかかる。その間は仮にすぐ近くで『決定的瞬間』が繰り広げられていても気付かず逃すことになる。その覚悟が必要なのである。」・・・しかし、トラフとキマリンの開翅、どちらが私には「決定的瞬間」かと言われると、正直、迷います。これが「kenkenは、キマリン撮影は卒業」とS師匠から言われている所以なのか?
posted by kenken(管理人) at 20:17| Comment(24) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする