2010年07月03日

クロミドリシジミ(2010年6月13日)

 本日(7/3)の京都は、朝から終日雨でした。「この時期、休みの日に京都にいてるんやったら、毎日キマ撮らな気が済まん!」なんて考えているかどうかは別にしても、本日は、「雨でも撮れるヒカゲモノ」の撮影にすら出かける気がしないくらい本降りが続いており、終日お家でのんびりしておりました。
 こんな日は、以前に書きそびれた記事でも書いておきましょう。約2週間前、6月13日午前中の記事でございます。
------------------------------------
 
 最近、本格参入し始めた Zephyrus 撮影、今回は、愛知県のクロミドリシジミに初挑戦です。ところで、愛知県のクロミドリって、結構最近発見されたのではないかな。私が学生の頃(約30年前)は記録になかったような記憶があります。
----
 長野県、静岡県のベニモンカラス探索からの帰路途上、岐阜県内のSAで車中泊後、6/13早朝は、愛知県内のクロミドリの生息地を訪れてみました。
 このあたりのクヌギ林がえぇ感じやなぁ〜と環境を見ながら流していると、以前に見た記憶のある某県ナンバーの車を発見。近づいてみると、やっぱし、飛翔写真のAさんじゃありませんかっ!5/16に三重県のミカドアゲハ撮影時にフィールド初遭遇して以来の再会です。一度遭遇したら、遭遇するのが「クセ」になりますな。
 長竿でクヌギを叩くと、♀は地表近くにまで降りてくるものの、♂はなかなか降りてきません。で、結果、♀ばかり撮れました。次回以降は♂撮影に絞りましょう。

100613-01.jpg Favonius属の中では最も美しい翅裏でしょう。後翅裏の亜外縁のヒサマツチックな斑紋が大好きです。300mmで下草の隙間ごしに撮ったらとても幻想的な仕上がりになりました。

100613-02.jpg 1枚目とは別個体です。こいつは、見つけたときから下草の葉上におりました。100mm Macroでもきちんと表現しておきましょう。前肢をたたんでいる仕草がZephyrusらしくてえぇですなぁ〜

100613-03.jpg 意外と簡単に開翅してくれますね。良く見ると、葉上の水滴に口吻を伸ばしているのが分かります。
 う〜ん、しかし、贅沢な話ですが、♀の開翅写真って、撮影意欲がいまいち湧いてきませんな。

100613-04.jpg100613-05.jpg コンデジGX-100でも撮っておきました。「新鮮な個体がゆえに、僅かな傷も目だってしまう・・・」師匠ならきっとこんなコメント入れるでしょう。

 さっぱり♂が降りてこないので撤収を決意です。予想では、この頃にはお天気悪くなって帰路につけるかと思ってましたが、意外とお天気崩れてきません。曇りの日はベニモンカラスはどんな行動をするのか・・・あるいは、姿も見られないのか・・・今後の撮影のために自分の目で観察しておかなあかんかな・・・
posted by kenken(管理人) at 20:36| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする