2010年06月22日

続・画竜点睛(2010年6月19日〜20日)

 ここのところ、ずっと週末が晴れ続きでフル活動しているので、えぇかげん疲れてきました。で、梅雨入りしてお天気が微妙な6/19〜20の週末は、遠征は見送りです。
 しかし、京都市内の自宅にいると、ついつい雨の隙間をぬって、キマリンにスクランブルしてしまいます。で、結局、6/19〜20の2日間、のべ8箇所に探索/撮影に行ってしまいました。余計に疲れるな・・・(笑)
 今回は、昨年ギフチョウのカタクリ吸蜜撮影用に購入したものの、その後使っていない CANON EFS60mm Macro レンズでキマリンを試写してみました。その他の装備は、いつもどおり、証拠写真用の300mmISとコンデジGX-100です。結論から申し上げると、キマリンには 60mm Macro でぐっと寄るよりは、100mm Macro でやや遠い目から描写したほうが撮り易いですわ。

 京都市街地のキマリン、もう時期遅れでした。ほとんどスレ・カケ個体でしたが、60mm Macro で撮影した中から「画竜点睛」な個体をピックアップして紹介しましょう。

◆ヒメジョンを訪花中の♀です。
100619-040.jpg100619-043.jpg

100619-047.JPG 口吻を伸ばしていないので、「吸蜜」よりは「訪花」が適切な表現でしょう。同一個体の左右の翅裏と翅表です。♀もだいぶんスレてきていますね。

◆クズの葉上でテリを張る♂です。
100619-141.jpg100619-105.jpg

100619-167.jpg クズって、長〜くつながっているので、側に近寄ろうとすると葉をガサガサ揺らしてしまい、なかなか難儀します。同一個体の左右の翅裏と翅表です。黒条が控えめで、あっさりした印象のする個体ですね。

100619-478R.JPG 上と同一個体をコンデジGX-100で「ノーモニター撮法」で撮りました。苦労して60mm Macroで撮らんでも、手軽にこんな絵が得られますわ。キマリンには、証拠写真用の300mmとコンデジGX-100だけで充分かな。
posted by kenken(管理人) at 19:37| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする